またいつもの日常に戻りこれまで通りの人生を歩むのか?

 

人生において、あなたの信念に従った後悔のない選択ができていますか?

 

何かに挑戦してもまたいつもの日常に戻ってしまった

 

誰でもこんな経験の1度や2度は大概の場合あると思います。

 

例えば

 

ブログの更新

起業

筋トレ

ダイエット

転職

受験

 

などなど

 

最近は転職したことに後悔して

会社に出戻りするサラリーマンの方も多いらしいです。

 

多くの人が一時的にやる気になっても

ちょっとうまくいかないと辞めてしまいます。

理由は結構単純だったりすることが多いと思います。

 

きつい

しんどい

めんどくさい

なんのためにしているのかわからない

先が見えない

何を目指しているかわからない

面白くなかった

思ったようにうまくいかない

嫌なことがあった

自分には合わない(と思った)

想像していたものと違った

前の方が良かった(※過去の美化に注意)

理不尽

 

 

こういった理由がほとんどではないでしょうか?

 

そしてせっかくチャレンジしたにもかかわらず

またいつもの不満な日常に戻っていきます。

 

日常に戻るとどうなるか

 

今まで通りの日常に戻るとどうなるでしょうか?

当然以前のまま・・・

何も変わらない日常がくり返されます。

 

それでいい

むしろ良かった

 

と言うのでしたらいつもの道に戻ったことは正解かもしれません。

 

何かに挑戦した結果

やっぱり元にいた道がいいという選択をするわけですから。

 

でも本当にそれでいいのか?

 

何かに挑戦し壁に当たったと感じたのなら

自問自答してみるといいかもしれません。

 

人間は変化を嫌う生き物です。

つまり自分の当たり前の状態を維持しようとするわけですね。

 

あるいはバーンアウトとも呼ばれたりしますが、

燃え尽き症候群になってしまうケースは本当に多いです。

一喜一憂し過ぎている場合は特に要注意です。

 

一気に自分を変えようとすると

自分の当たり前の針が真逆の方向に振り切れます。

 

自分のマインドがしっかりしていないうちにそれをやってしまうと

脳が反発してまた元に戻ろうとしてしまいます。

 

脳が

「そっちは危険だから元に戻らなきゃ」

と指令を出してしまうわけです。

 

コツとしては脳を騙しながら少しずつ変化させていくことです。

脳が変化していると感じなければ

危険とは思わないので元に戻ろうとする指令はあまり出ません。

 

このことを知っているか知らないかだけでも

対処の仕方は変わっていきますよね。

 

元に戻ろうとしている自分がいることに気付けば

「あぁマインドがまだしっかりしていないんだな」とわかります。

あるいは脳の性質上で元に戻ろうとしていることにも気付けます。

 

何かを習慣化させる時には自分に負荷がかからないぐらい

小さく始めることがコツと言われていますが、

脳の性質をうまく利用していると言えます。

 

すぐ諦めていつもの日常に戻るよりも

ちょっと立ち止まって冷静に考えるとまだまだやれたりします。

 

もちろんこれまでの延長上の人生ではなく

新しい刺激があるわけですから必ず痛みは伴います。

 

でもそれは一種の慣れであって

苦しいのははじめのうちだけだったという場合も多いです。

やっていくうちに楽しくなることもあります。

 

これまでの日常から離れて新たな挑戦をしたことを

無駄にしない選択にして欲しいなと僕は思います。

 

その道に未来はないと知っている

 

僕も何か上手くいかない時

またいつもの日常に戻ろうとしたことは何度もあります。

 

でもそれはやっぱり僕の信念とは違う道でした。

 

誰がなんと言おうと

自分の人生ですから

自分で選択しなければなりません。

 

間違うこともあるとは思いますが、

それも勉強のうちだと個人的には思います。

 

僕が諦めそうになった時のメモがあったので

少し恥ずかしいですが公開します。

 

またあの理不尽で自分を殺す世界に戻るのか?

それが嫌で今ここにいるのではないか?

戻ったところでどうなる?

みんなからの慰めが欲しいのか?

 

大切な人を守れない人生で良いのか?

自分が尊敬できない人に屈する人生で良いのか?

そんな人生では心の底から笑えない

誰かに何かを伝えることもできない

 

自らがこの道を選んだ

何が起きても自分自身を信じよう

 

 

たまに心が折れそうな時はパソコンではなく

あえて直筆でノートに書くことは有効なので是非オススメです。

 

紙に書くと現実化すると言いますがアレ本当ですよ。

常に自分のマインドをしっかりと正してあげることで

僕はまた自分に一本の芯を作ります。

 

たしかにいきなり成功してしまう人や

一気にかけあがって行く人も少なからずいますよね。

 

そんな人達は自分のマインド、

自分の当たり前のレベルが非常に高い人達です。

 

私はこんなことできて当たり前なんだ

私はこんなことをやる人なんだ

 

と心の底から自分の当たり前のこととして思っているわけですね。

 

当たり前のことなのでご飯を食べたり歯を磨いたりするのと同じように

行動してしまいます。

 

その人にとっては当たり前のことなので脳は危険だと思いません。

つまり反発して元に戻ろうとしないわけです。

 

そこがいわゆる天才と凡人の大きな違いの一つと言えるかもしれません。

 

例えば先日引退を表明したイチロー選手

彼は小学生の頃から

自分は当たり前にプロ野球選手になることを

作文に書いていたことは有名です。

 

多くの人はプロ野球選手に

なりたい

なれたらいいな

 

ですよね。

 

でもイチロー選手はこれだけ練習しているんだから

「僕はプロになれて当たり前だ」

と思っていたようです。

 

このマインドの差が

どれだけ大きな違いになるかは言うまでもないと思います。

 

もちろん僕は天才ではありませんし、

自己肯定感も高い方ではありませんでした。

昔は自己否定の天才だったと思うぐらいです(笑)

 

そんな僕はやはり遠回りしましたし、

何度も自己否定と自己肯定をくり返しながら

自分のマインドを変えてきました。

 

今自分のことをうまく信じられなくても大丈夫です。

必ず継続していけば変わっていきます。

 

本当に少しずつでいいのです。

少しずつでも自分のマインドが変われば行動が変わります。

 

行動が変われば本当に色々なことが変化することを実感できると思います。

そうなった時、自分の見方も変わっていると思います。。

 

人生は己との戦いでしかありません。

他者との比較ではないことに注意したいところです。

 

何かに挑戦しているのでしたら

自分のペースでいいと僕は思います。

 

何度だって挑戦できる

 

僕たちは何度挫折しても

生きている限りまた挑戦することができます。

 

自分の人生の目的がしっかりしていれば

周りがなんと言おうと関係ありませんよね。

 

そこに文句を言う権限は誰にもないはずです。

 

僕は僕

あなたはあなた

 

それぞれの人生があります。

 

人生を本気で生きて、何かに本気で取り組んでいる人を批判する人は

そんなあなたがまぶしすぎるのかもしれません。

 

そういった批判もエネルギーに変えて何度も挑戦してほしいと思います。

 

10回やって1回当たればいい

 

現実を見ろ!

 

なんて言葉を言う人がいますが

そんなことを言う人ほど本当に現実が見えているのか疑問な時があります。

 

現実というか

自分の心の底にある本当の気持ち、

自分の人生

とも言えるかもしれません。

 

何事も1回挑戦したぐらいで成功するなんてことは希です。

 

多くの人はその1回にこだわり過ぎているケースも少なくありません。

10回に一回当たればいい方ですね。

 

例えばプロ野球選手の1流バッターも打率は3割です。

ちょっとやったぐらいで成功するわけがありません。

 

それにもかかわらず

ほとんど挑戦もしてこなかったとような人が

一度うまくいかなった人を

 

ほら見ろ

俺の言った通りだ

 

とあなたを元の人生に引きずり戻そうとします。

 

うまくいかない時に

自分の人生を真剣に生きていない人達の声に

惑わされることだけはしないようにして欲しいと思います。

 

成功している人を見るとわかりますが

能力が高いからうまくいったという人はあまりいないと思います。

 

では何が違うのか?

 

というと、もう気付いているかもしれませんが「行動量」です。

 

うまくいかない人と同じように

成功者も失敗をしています。

でもそこで諦めずにまた続けたからうまくいくわけですね。

 

失敗なんて当たり前だ

10回に1回当たればいいや

 

そんな気持ちで何事も取り組んでみるといいかもしれません。

 

自分の信念に従った人生を歩く

 

日本人は空気を読むことが重要とされていることも

多くの人が失敗を恐れる要因の1つだと思っています。

 

あの人になんて思われているか心配

 

となってしまうからです。

 

僕たちの人生は誰かによく思われる為にあるわけではありません。

 

時には理解されないこともあって当然なのではないでしょうか?

 

親や友人、恋人など

自分の大切な人とでさえ

価値観の共有は難しいのですから

他人はもっと難しいのは当然ですね。

 

みんなと一緒が安心

 

この気持ちは非常によくわかります。

僕もそうでした。

 

繰り返しになりますがせっかく自分の気持ちに気付いたのなら

その選択を大切にしてほしいです。

 

僕の経験上、周りに流された選択は

今はいいかもしれませんが後で絶対に後悔します。

 

いつもの日常に戻るにしても

新しい道を歩くにしても

あなたの信念に従って

自分の信じた道を歩いて欲しいと思います。

 

10年後に

あの時の選択は失敗だった・・・

と思わないために。

 

誰かの敷いたレールではない

あなただけの道を作って下さい。