普通が一番難しい

よく言われることですが

「普通が一番難しい」

ですよね。

 

普通のことを

普通に

淡々と

毎日やる

 

どんなことも普通に続けることができれば

大きな結果を生むことができます。

 

 

親を見てみるとわかると思うのですが、
何十年も同じ事をくり返しやっています。

 

だからこの社会が成り立っていますし、

僕やあなたがここに存在する事ができていると言えると思います。

僕たちが当たり前だと思っていることを

当たり前にできていない人は世界中で大勢いるわけですね。

 

僕の父親は毎日文句も言わず何十年も会社で働き、
母親は毎日当然のように家事をしながらパートをしていました。

現代でしたら鬱で仕事ができなくなる人がいたり、

家事と育児が両立できずに離婚してしまうケースも少なくないですよね。

 

たしかに毎日同じ事をくり返すことは苦痛でしかありません。

特に今の時代はそのくり返しがプラスに働かないことも少なくありませんよね?

 

例えば今は昔と違い、サラリーマンとして働いても
責任とやることはどんどん増えていくだけで給料は一向に上がりません。

そんな環境や時代に文句を言いたくなることも多いと思います。

 

ただこういった「普通のことを続ける」という姿から

学べることは非常に多いのではないでしょうか?

また、「今ある普通も普通ではないんだ」と

感謝の気持ちを持つことは忘れずにいたいですね。

 

これから何をやるにしても僕たちは強く生きていかなくてはなりません。

特にこんな混沌とした時代ですので先行きがどうなるかは誰にもわかりません。

そんな時に「普通が一番難しい」というマインドセットをしていくことは

非常に重要なのかもしれません。

 

あなたが何か壁にぶち当たった時に

「今自分は一番難しいことをしているんだ」

そんな風に考えてまた次の一歩に繋げてほしいと思います。

 

継続の力はもっとも大きな役割を果たす

「普通のことを毎日続ける」

これは簡単なことのようで一番難しいです。

一番難しいことをするとどうなるでしょうか?

 

もう既にお気づきだと思いますが、

続けることで「継続する力」が付いてきます。

 

継続する力は何かをやる上で

「もっとも大きな役割を果たす」

と言っても過言ではありません。

 

今しんどいと思ってやっていることが習慣化することで

考えずにできるようになります。

 

たまにこんな量やクオリティのことをどうやって毎日やっているんだ??

 

という人がいますね。

それは継続することで習慣化しているわけですね。

継続すると力が付くので今よりもレベルの高いことができるようになります。

 

そしてそれをまた

「継続して習慣化する」

凄い人はその繰り返しを継続していると言えます。

 

あなたが何かを一生懸命継続していると応援してくれる人も出てきます。

そこからまた大きな力をもらうこともできるようになります。

 

どれだけ自分が自己中だなと思う人でも

誰かのためにがんばってしまうことはあるのではないでしょうか?

誰でも応援されることは素直に嬉しいですよね。

 

また、応援されることで

「期待を裏切れない」という気持ちを自分の中で生むこともできます。

誰かに宣言した方が結果が圧倒的に出やすいというのは有名な話しかと思います。

 

最近聞いた話しで凄いと思ったことですが、

ホリエモンは2000字ぐらいのメルマガを

10分で日々書き上げて読者に送っているそうです。

 

「10分て凄すぎだろ」

と突っ込みたくなりますが

そのぐらい継続の力は凄いことがおわかり頂けると思います。

まずは小さな事からでもいいので継続しましょう。

 

自分をおごらないこと

僕たちはついつい今日はいいかと思って

大切なことをやらないことがあります。

 

そんな時はあなたの憧れている人や尊敬している人のことを思い浮かべましょう。

 

「あの人だったらこんな時にどうするかな?」

 

そんな風に一度考えてみて下さい。

憧れの人もあなたのライバルも

今日もどこかで人知れず牙を磨いています。

 

僕もたまに「今日はだめだったな」という日があります。

年々一回の自分へのおごりをどれだけ減らせるかが非常に重要なことを感じます。

人生は長いようで本当に短いです。

 

1日1歩
3日で3歩

3歩進んで2歩下がる

 

とはよく言ったものです(笑)

 

たとえ今どんな状況でも

「もう一度やり直す」

という気持ちがあれば大丈夫です。

 

もし今日がだめだったのなら明日に備えましょう。

 

言うのは簡単、計画を立てるのも簡単

よく言われることですが

 

計画が大事だ

まずは口に出すことが大事だ

 

たしかに大事なのですが、

当然ですがそれだけでは現状は変わりません。

 

少々きつい言い方になりますが

 

計画を立てるは簡単です。

宣言したり文句を言うのも簡単です。

 

でも実際にそれをやって実現させることが難しいわけです。

だから何かに成功する人はほんの一握りなんだと思います。

ついつい辛い時やうまくいかなかった時というのは

同じようにうまくいっていない人や何もしていない人の意見に共感したくなります。

 

そんな時は

「あぁ自分は今成功している人に嫉妬しているんだな」

「自分と同じようにうまくいっていない人と傷を舐め合っているんだな」

 

このように自分を戒めてみて下さい。

その悔しい気持ちをバネにまた継続していきましょう。

 

大切なことはいつもシンプル

いつも僕たちは自分の頭の中で

起きてもいない未来に不安を感じています。

現状からの延長で未来のイメージしてしまいます。

 

そんな時は自分の人生を振り返ってみて下さい。

子供の頃イメージした通り

昔の想像した通りに

全くブレずに今の現状があるという人はいないと思います。

 

何が起こるかなんて正直誰にもわかりません。

でもせっかくならより良い未来を想像して

そのための行動を取る方が良いですよね。

 

過去や今の自分ではなく

なりたい自分から今をイメージすることで

今やるべきことが明確になっていきます。

 

「ロボットになれ」とまでは言いませんが、

いつも自分の人生を難しくしているは自分の頭の中なのかもしれません。

何か大きな結果を出す人は

必ず自分の負の感情をコントロールしています。

 

コツコツと目の前のことを継続することが

最も重要なことを知っているからですね。

大切なことはいつもシンプルです。

 

P.S.

ここからは少し余談です。

 

世の中には「売る」というスキルを持っていながら

人としてはどうなの?というような人がいます。

どんな物でも売れればいいと思っているのかわかりませんが、

中身のない詐欺商材のようなものを売っている人達のことですね。

 

そんな人に限って

「どうやって売れば売れるか」

を熟知しているので

知識の全くない初心者の方が飛びついてしまうことはよくあります。

 

僕もこれまで

色々な商材やうまい話しに目がくらみ

無駄な時間とお金を費やしていた時期があります。

 

売り込み臭の立ちこめる営業や商品に

嫌悪感を覚えたことは誰にでもあると思います。

 

反対に非常にスキルもあり、人としても素晴らしい人に限って

売り込むことが下手だったりします。

 

たしかに良い商品なら待っているだけでも

一部の人に伝えることはできるでしょう。

ただ個人的にはそれだけでは不十分だと考えています。

 

売ることだけに特化している人達からも

学べる事は非常に多いです。

 

自分が良い物を扱っていながらあまり売れていないというなら

「売り方」

を学ぶ必要があるかもしれません。

 

もちろんそういったことがしたくない気持ちもわかります。

当然中身がスカスカの人から何かを学ぶ事も嫌でしょう。

 

ですが良い物は世の中に広めて真実を伝えていかなければなりません。

ぐっとネガティブな気持ちをこらえて

自分の信念を伝えることにエネルギーを変換しましょう。

誰から学んでも自分の魂を売らなければ大丈夫です。

 

「何にのるか」ではなく
「どうのるか」

 

ここが重要なのではないでしょうか。

売るスキルだけを学んで自分に生かせばいいと思います。

 

なぜこんな話しをしたかというと

一生懸命がんばっていながら

結果がついてこない人があまりにも多いからです。

 

たしかに正しいことを継続することはとても重要です。

 

ただし人は好きなことをやっていたとしても

それを誰かが認めてくれる人達がいることで

幸福感を得られるのではないでしょうか?

 

自己満だから良いという人なら

自分で情報発信をしたり

ビジネスをしようとは思わないはずです。

 

そのことに気付かずいつの間にか自己中な発信になって

潰れていった人を僕は何人も知っています。

 

何かを売ることにおいて

相手が価値を感じればいいと言う人もいますが、

僕はそうは思いません。

 

なぜならその価値の本当の意味を知っていながら

相手に伝えないことはフェアではないと思っているからです。

 

例えば僕が飲むだけで腹筋がバキバキになるサプリを売っていたとします。

(当然ですが本当は飲むだけでは腹筋はバキバキにはなりません。)

 

でもそのサプリを誇大広告で運動したくない人に売ったとします。

運動したくない人は飲むだけで腹筋が割れるなんてすばらしいと価値を感じれば買うでしょう。

 

でも本当はそのサプリを飲んでも腹筋が割れないことを

販売者の僕が知っているのなら

そのことを伝えないで売ることは正しいことでしょうか?

 

僕はそうは思いません。

正しい価値を伝えた上で相手に判断してもらいたいと思っています。

 

せめてこの記事を読んでくれているあなたには

こういったことが世の中のどんな業界でも

当たり前に起きているという現実は知っておいてほしいと思いました。

 

これからビジネスをやるにしてもやらないにしても

誠実に相手と向き合う姿勢だけは忘れずにいたいものです。