何もしないという自由もある

 

何もしない

 

この言葉を聞いてどんなイメージが湧くでしょうか?

 

個人的には

最高に贅沢な時間だなぁ

と思います。

 

何もしないことって

一見悪に思われたりもするのですが

そんなことはありません。

 

そもそも何もしないという選択をとることも

自由なはずです。

 

僕も昔は何もしないことが

無駄にしか感じていませんでした。

 

でも今は少し変わったのか、

何もしない時間というのが

とても貴重で重要なことに気付きました。

 

どんなに忙しい人でも時には休むことも重要ですよね。

体を休めるということもありますが

何よりも頭の中が整理される感覚があってスッキリします。

 

例えば休日に山の中でテントを張って自然と共に過ごす人もいますよね。

どこかのリゾート地に行ってあえて何もしない人もいるようです。

そんな何もしない時間を過ごすことで日々のストレスを癒やしているわけです。

 

何かに追われ、何かをしたがる忙し過ぎる現代人

現代人は何かと忙し過ぎます。

 

・仕事や学校

・家事や育児

・勉強や部活

・付き合いの飲み会

・取引先や友人からの連絡

 

平日、休日は関係ないという方も多いのではないでしょうか。

とにかくやること、やらなければいけないことでいっぱいです。

何か終わっても次から次へと予定が入ってきてすぐ埋まってしまいます。

 

 

ちょっと時間があれば

今度はスマホを手に取り

なんとなくゲームをします。

 

SNSやメールをチェックしたり

YouTubeで動画を観ていたら

今度はおすすめの動画が目に飛び込んできます。

 

たしかにそんな時間も幸せで息抜きにもなります。

 

とにかく忙しいのが好き

予定を入れるのが好き

誰かと一緒にいたい

 

中にはそんな人もいると思います。

 

でもなんだか僕はそこに違和感を感じるんですよね。

あまりにも情報に追われ過ぎているように感じます。

多くの人が疲弊して疲れているように見えます。

 

現代人の一日の情報量は平安時代の人の一生分、

江戸時代の人の一年分だと言われています。

 

正直僕はこのことを知った時、

「え、そんなに多いの・・・?」

と軽く引きました。

 

僕たちの脳が日々どれだけ多くの情報を

処理しようとしているかわかると思います。

 

現代人が疲れているのは当たり前なのかもしれません。

鬱などの精神的な悩みを抱える人が

多いことにも関係していると思います。

 

鬱を経験した僕が考える鬱病が増加している本当の原因

 

日本のブラック企業の割合と世界で鬱病に苦しむ人の割合を考える

 

全ての情報を知ることはできないですし、

全てのことをやることはできません。

 

僕はあえてあまり予定を入れないようにしています。

それは常に心に余裕を持っていたいからです。

何かをしている時は基本的には他のことに手を付けません。

 

僕は器用ではないので同じ事をしようとしたら

自分が本当にやるべきこと

大切していることに

気付けなくなってしまいそうです。

 

年収1000万以上の人は平均睡眠時間が5時間以下?

先日、年収1000万円以上の人は

平均睡眠時間が5時間以下という記事を見ました。

 

この記事に関してもどこまでが本当かはわかりませんが

僕はもっと寝ていたい派です。

というよりあまり寝ていないと頭が働かないのでむしろ

効率が悪いんですよね。

 

たしかに一時的に睡眠時間が少ない時期がある

というのは多くの人に当てはまるかもしれません。

 

その記事では稼ぐ人は時間を有効に

活用しているということが書かれていました。

僕はこの書き方だと勘違いしてしまう人も

多いのではないかなと感じました。

 

僕にとっては

何もしないことや

休むことが

有効な時間の使い方です。

 

死ぬほど働かないと多くのお金は稼げないと

思ってしまう人もいるかもしれません。

年収の低い人は時間を有効に使えていないと

捉えてしまうかもしれません。

 

そんなことは時と場合によりますよね。

 

こういった軽い洗脳じみたことが

いたる所で起きていることに気付けるかは重要かもしれません。

なぜならそういった情報が日々膨大な量で

僕たちの脳の中に送り込まれているからです。

 

「テレビ依存症」テレビによる洗脳は思考を支配される

 

もちろんどんな価値観で生きるかに正解なんてありません。

これからは自分で正解を作る時代です。

そもそも年収1000万円以上稼ぐことが正しいわけでもありませんよね。

 

究極別に働かなくてもいいのなら、無理して働かなくてもいいですよね。

そんな人を見ると腹が立つと言う人がいるのなら

それは自分が働きたくないからかもしれません。

 

周りに迷惑をかけていいとは言いませんが

僕たちは生きているだけで誰かに迷惑をかけているかもしれません。

少なくとも地球や他の生き物にはよっぽど迷惑をかけていますからね。

 

あれも欲しいこれも欲しい

あっちも気になるこっちも気になる

もっともっともっと・・・

こんな風に思考の罠に陥っている人は多いように感じます。

 

そんな時は一度立ち止まって

何もしない

という時間を作ってみると

自分の本当に大切なものが見えてくるかもしれません。

 

知らぬ間に疲れていることも多いですから

何か空回りしてうまくいかない時は

一度立ち止まって休むことも必要です。

 

もちろん1日1日を大切に過ごすことは重要だと思いますが、

何事も長い目で見る必要があるのではないでしょうか?

そんな時に「何もしない」という時間は

僕たちに非常に有意義な時間を与えてくれます。

 

少なくともなんとなくスマホやテレビを観ているよりも

ずっと大切な時間だと思います。

 

 

他人基準よりも自分らしい幸せを求める

プロ奢レイヤー

レンタルなんもしない人

 

知っている方も多いと思いますが

こういった方々ネット上に出てきました。

 

知らない人もいるかもしれませんが

名前のままの方々です(笑)

ちゃんと名前通りのことをやって仕事にしているわけですね。

 

何もしないという言葉とは少し違いますが、

YouTubeでも一見なんの意味もないような動画を出していて

人気がある人もいますよね。

 

やはりどんどん価値観が変わってきている証拠だと思います。

こういった一見なんの価値もないようなことに需要があって

仕事として成立しているのはとても興味深いことです。

 

たまたまテレビで「レンタルなんもしない人」が出ていた時に

嫁には「なんだか僕みたいな人だね~」と言われて

え、そんな風に見えているの??

と驚いたことを覚えています。笑

 

まぁこれは余談ですが、

自分がどんなことに幸せを感じるかというのはとても重要なことですよね。

特にこれからは正解を自分で作る時代ですから

自分で考えられない人はピンチかもしれません。

 

日本は「個性を伸ばす教育を~」

と言っていますが社会に出れば

まだまだ軍隊教育満載の方々がいっぱいです。

 

そんな社会でいつの間にか自分らしさが失われるぐらいなら

自分で幸せの基準をしっかり明確にしておいた方がいいと僕は思います。

 

今なんだか忙し過ぎて疲れているとしたら

「何もしないこと」

は本当の自分を知るきっかけになるかもしれません。