※この記事は運を引き寄せたいと思っている方の悩みを解決できるものではありません。

 

運が悪いことばかり起きる
もっと運を良くしたい
なんで自分ばかり悪いことが起きるんだろう
いつもがんばってるのにタイミングの悪いことが多い
なんだか最近運気が落ちてきた気がする

 

運を運を引き寄せたい、運を引き寄せる方法を知りたいと思っている人は多いと思います。

運を引き寄せる方法についてですがちょっと考えてみればいくらでも思いつくのではないでしょうか?

 

感謝の気持ちを持つ

感謝を言葉にする

人の悪口を言わない

人に迷惑をかけない

運のいい人と一緒にいる

自分は運が良いと思い込む

運の良かったことを書き出す

ポジティブな言葉を使う

一生懸命何かに取り組む

やりたいことをやる

規則正しい生活をする

ネガティブに考え過ぎないようにする

何か悪いことが起きても前後の関係とは切り離して考える

努力する

部屋の掃除をする

誰かのために行動する

自分を大切にする

お祓いに行く

お墓参りをする

何かに挑戦し続ける

 

などなど
ざっと上げていきましたが、調べたり考えていけばもっと出てくるかと思います。

 

運を引き寄せたいとは究極的には「幸せだと思える人生を歩みたい」ということだと思います。

一時的にちょっと運がいいことを増やしたいと考えている人は少ないと思います。

 

人生を変えるような転機が訪れて欲しい
色々苦労しても振り返った時に幸せだったと呼べる人生にしたい

 

そんな風に考えている人の方が多いのではないでしょうか?

 

でもなんだか自分はそんな人生を歩めていない気がする

 

だからこそ運を引き寄せたい、もっと運がよくなるにはどうすればいいかと考えているだと思います。

 

そしてそういった真剣に人生について悩んでいる人は上記で上げたような「運を引き寄せる方法」を実行されいる人がほとんどだと思うのです。

 

反対に運がいい人は上記であげたようなことを全員やっているのかと言われるとそちらの方が疑問です。

 

人生について真剣に悩んでいてそれなりの努力や行動をしているのになぜか漠然とした不安が消えない人が多いのではなぜなのでしょうか。

 

なんとなく生きているのになぜかいつも人生が良い方向に転がっていつも楽しそうな人もいれば、どれだけがんばってもいつも運が悪く結果が出ない人もいます。

 

そんなことない、結局本人の努力が足りないからだ
諦めずにがんばれば人生は必ず開ける

 

そんな風に言う人もいるかもしれませんが本当にそうでしょうか?

 

・とても才能があって誰もが認める実力をもったスポーツ選手が怪我で引退して一般人として普通の生活を送る
・ビジネスの才能があり大金持ちになったが健康を害してしまう
・勉強ができていい大学に入り、自分の思い通りの職業についたがそこで潰される

 

そんなことは普通にありますよね。

これは努力が足りなかったのでしょうか?

 

それともよく言われている「人生おいてその人が乗り越えなければならない壁」なのでしょうか?

なんだかとてもモヤモヤとした感覚が残りますよね。

 

 

自分のもっとも輝ける場所や才能を活かす人生を送りたいと思っている人は少なくありません。

 

でも自分の才能を見つけて輝ける場所に行けたにもかかわらず、なぜか最後は良くないことが起きてしまうのはどのように説明ができるでしょうか。

 

「運がいいか」
「運が悪いか」

 

どう考えても「運」という言葉でしか片付けられないことが世の中にはあると思いませんか?

 

スポットライトを浴びる人は必ず結果を残している人です。

その人の裏側で数多くの失敗談があると思いますがそこには誰も触れません。

 

死ぬほど努力しながら運が良くなると言われていることを当然のようにやってきている人も少なくないと思います。

僕は前世や潜在意識、引き寄せの法則といった曖昧な言葉、つまり「目には見えない力」が世の中には存在していると思っています。

 

「何をやってもうまくいく人になりたい」
「いつも運がいい人でありたい」

 

僕は以前そう思っていました。

それが僕が何をやってもつまらないと感じていたり、いつも自分には運が悪いことが起きると思っていたからです。

 

それから年月が経ち様々な経験を重ねていきました。

 

「嫌なことや大変なこともあるけど諦めずにコツコツと努力を重ねていけば必ず最後は成功する」
「色々な経験をすることで何をやってもうまくいく人には見えない世界も見ることができるからこれまでの経験は無駄じゃない」

 

このような考え方にシフトしていきました。

しばらくはこの価値観で生きてきた僕ですが最近はまたここに違和感を覚えるようになりました。

 

なぜなら、ある意味でこの考え方は自分のうまくいかない人生を正当化しているようにも見えますし、最後は絶対にうまくいくはずだという願望が見え隠れしていることに気付いたからです。

 

本当に努力を重ねていけば成功すると言い切れるでしょうか?

先ほどの才能のあったスポーツ選手、大金持ちになった人、頭の良かった人の例でもわかるようにそんなことはありませんよね。

 

自分が何かをするときに

 

何を選ぶか
誰と出会うか
あなたを最大限に活かせる評価をしてくれる人がいるか
あなたの才能を生かす場所で生きることができるのか
心身共に健康な体で行動できる状態にあるのか

 

こういったことは非常に重要ですよね。

でも自分の力だけではどうすることもできない。

 

それが「運」だと思います。

 

ある起業家は

「運が悪いは目が悪い」

と表現していました。

 

自分の進むべき道を見る目が悪いから運の悪いことが起きるという話しでした。

 

ある大金持ちは

「運を引き寄せる方法だけは未だにわからない」

と言っていました。

 

「今起きている悪いことも未来の成功している自分から見た時にあの経験は必要だった」

そんな風に感じられることは素敵なことですし、とても夢のある話しだと思います。

 

ただそれだけでは説明のつかないことが世の中には多過ぎることに最近疑問を感じています。

「何事もやってみなければわからない」

僕はそう思っていますし、必要な努力や行動を続けることは当然だと思います。

 

大してスキルも変わらない
育ってきた環境も同じ

 

それなのに一方は成功して一方は何をどれだけやっても成功できない

人間的な魅力の違いだと言う人もいるかもれませんがこの言葉も非常に曖昧な言葉であると思います。

 

僕はこれまで何をやってもうまくいかずにそれが自分の努力不足であったり、自分の人生の選択ミスであったとばかり思ってとにかく後悔をバネに行動してきました。

 

実際に行動を重ねてきたことで人生が変わり始めていることは実感しています。

それでも「運」という言葉に関しての明確な答えが見つけられずにいることも確かです。

 

これからの僕の人生を通して明確に答えを出せれば「運」についてのお話しをもっと具体的にご紹介できればと思います。

 

運を引き寄せたい
運を良くしたい

 

と本気で考えている人にとってこの記事は意味がないのではないか、あるいは非常にリアル過ぎるために話さない方がいいのではないかと悩みました。

 

冒頭で上げたような運を引き寄せるための行動をとっている方には不快に感じられた部分もあるかもしれません。

 

「運」についての明確な答えがわかればまたどこかでお話ししたいと思っています。

もちろん僕も冒頭であげたような運を引き寄せる行動を続けて、自分の進みたい道のためにやるべき行動を続けることは継続していきます。

 

学び続けることで何か見えるものは間違いなくあると信じてお互いがんばりましょう。