「あの人には才能がある」
「あの人に比べて自分には才能がない」
「自分にも才能があれば」
「努力しても才能のある人には勝てない」
「努力できることが才能だよ」
「努力しても意味ないから諦めろよ」

 

僕たちはついついこうやって目の前のことに対してやる前から諦めがちです。

どうでもいいことならいいかもしれませんが、自分が興味のあることややりたいと思ったことがあるなら才能だとか努力だとかどうでもいいとは思いませんか?

 

●才能と努力

世の中の様々な分野で才能がある人はたしかにいると思います。

あなたもこれまで生きてきてなんであの人はあんなに簡単になんでもできるのだろうと思ったことはあると思います。

 

僕はこれまで30年以上生きてきて何か人より突出してできることなど特にありませんでした。

運動神経がいいわけでもなければ頭がいいわけでもない、絵や歌が上手いわけでもないですし、人を笑わせたりすることが得意なわけでもリーダーシップがあるわけでもありませんでした。

 

「自分には特別な才能なんてない」

 

もしかしたら多くの人も僕と同じような気持ちで生きているのかもしれません。

 

でもだからと言ってやる前からもう諦めている人があまりにも多すぎると思いませんか?

あるいはちょっとやっただけでも自分には才能がないと大した努力もせずにせっかく始めたことを辞めてしまう人も多いと思います。

 

仕事や学校の勉強などで例えるとわかりやすいと思いますが、長年続けていればたとえ嫌いなことであってもある一定のレベルまで到達することは可能ですよね。

1万時間かければその道のプロになれるという話しをよく聞ききますがそれと同じことだと思います。

 

努力や才能を気にするよりも誰よりもまずはやってみると決めて行動することがより良い結果に繋がるのではないでしょうか?

どんなに才能のある人でも華やかに見える成功の裏で人並み外れた努力と苦労をしています。

 

成功した人が魅力的にみえるのは、努力と苦労を重ね人として深みが出るからかもしれません。

あなたがこれから進みたい道の先にいる人にまず言われる言葉は「とにかくやれ。やってだめならもっとやれ」ということを教えられると思います。

 

●考えてもわからない

自分になんの才能があるかなんて誰にもわからないと思います。
何事もやってみないとわかりませんよね。

 

たしかにスポーツなどで体格に恵まれている場合とそうでない場合はやる前からわかってしまう部分はあるかもしれません。

でも頭で考えているだけでは物事は一向に進むことはありません。

あなたは漫画を読むのに自分には漫画を読む才能があるのかと考えるのでしょうか?
ただ読みたいから、続きが気になるから、面白いから読むのではないでしょうか?

 

いちいち頭で考えて行動などしていないはずです。
それなのに何故か自分の好きなことや興味を持ったことにお金や時間など自分の身に何か負荷のかかりそうなことになると途端に頭で考え始め悩みます。

 

特に大人になると世間体や常識、自分の現状を踏まえてメリットとデメリットばかりを考えてしまいがちです。

子どもの頃はただまっすぐにただただやりたいことをなんでもやっていたのではないでしょうか。

 

大人になってなんでも頭で考えるようになり、多くの人は自分の可能性を閉じてしまいます。

それがいいか悪いかと言うことではありませんが、あなたが人生において何か物足りなさを感じているのなら、なんでも行動する前に頭で考え過ぎてしまっていることも原因の一つかもしれません。

 

●やって後悔よりやらない後悔の方がつらい

 

人はついつい才能や努力について考えてしまう気持ちはよくわかります。
子どもの頃から1部の華やかに見える世界を僕たちはメディアを通じて見せられてきました。

それに比べて日々歳を重ねて行くにつれて叩きつけられる目の前の厳しい現実…
才能は1部の人に与えられた特別な才能だなんて思ってしまうのも無理はないかもしれません。

でも人生で1度ぐらいは自分を信じて誰よりも努力を重ねてみてもいいのではないでしょうか?

あなたが今考えてることは心の底からふつふつと情熱の沸いてくるようなやりたいことなのかもしれません。

あるいはなんとなく興味を持ったことでもいいと思います。

もしかしたら絶対にこの環境から抜け出したいという気持ちから始めようとしていることかもしれません。

やらなければ可能性は0のままですがやり始めた瞬間から可能性は0ではなくなります。

個人的にはたとえ結果が出ないとしても何年も当たりもしない宝くじを買い続けるような自分で自分の人生を切り開こうとしない生き方よりよっぽどいいと思いますが。。

 

ちなみに僕はやりたいことならやってみた方がいいと思うタイプです。

やってだめならまたその時に考えればいいのではないでしょうか。

 

僕たちの住んでいる国は幸い日本なのでなんとか生きていくことは可能ですよね。

世間の常識にとらわれて生きているか死んでいるかわからないような人生を何十年も歩くなんて退屈過ぎます。

やっぱりやらなければよかったと思ってしまう人にはわからないかもしれませんが、僕は仮にそう思ったとしても「あの時やっておけば良かった」と思った経験の方が苦しいと思っています。

大抵のことは覚悟を決めて誰よりも行動すれば人並み以上の結果が出せることばかりです。

 

才能や努力のことばかり気にするよりも自分の気持ちを大事にして人生の選択を決めてみてはいかがでしょうか。

 

 

PS.

僕のやっているネットビジネスは誰でも正しいやり方を継続すれば成功できる世界です。

学歴、年齢、国籍、コネ、性別などこれまで多くのことで壁となっていたこと(あるいはステータスとして使えた)ことが全く通用しないのです。

 

ネットビジネスは時代が本当の実力主義を求めている現れであると思います。

これからますますおもしろい時代になると思いますがあなたも乗り遅れないよう好きなことをやって好きなように生きられる選択をとってほしいと思います。