これからの時代は今よりも厳しい時代になるとよく言われています。

AIが発達してロボットに人間の仕事が奪われるという話しがよく話題になりますよね。

 

僕が中学生ぐらいで「経済」という単語についてなんとくわかり始めた時は既に日本は不況と言われていました。

 

それから日本の総理大臣が何度も変わって「改革、改革」と政府が毎年の言い文句のように謳い始めて20年ぐらい経ったでしょうか。

 

現在もなんとく日本全体の空気は重い反面、圧倒的に稼いでいる人もいる時代になりました。

二極化や格差社会が広がっていると言われ少子高齢化と併せて日本の問題としてよく取り上げられてます。

 

 

●昔と今の世の中

僕が大学生の時はアルバイトで時給700円ぐらいでしたが、今は時給900円~1000円くらいのようです。

よく買い物に行く主婦の友達や母親などは物が高くなったと言っています。

消費税も僕が小学生の頃は3%でしたが、そこから5%に上がり今は8%です。

 

就職して会社からもらえる給料も昔と違いますよね。

以前働いていた定年間際の会社の先輩は当時年収700万ぐらいもらっていたそうです。

 

でも僕の入った頃は毎年3000円ぐらい賃上げがあってボーナスは過去最高の売り上げだった年も年間で2.5ヶ月ぐらいでした。

 

明らかに今後はもっと給料は上がらなくなる動きを会社側が行っていたのはわかりましたし、単純計算でそのまま給料が上がっていったとしても年収は400万ぐらいで定年を迎える計算でした。

 

それでもその会社はまだマシだった方でボーナスが3万円で手取りが15万ぐらいの会社にいた頃もありました。

ちなみに労働時間は早い時で朝5時頃から始まって夜は24時頃まで働いたりしてましたね。

 

もちろん残業代はなしです。

営業だったので結果を出していないからだと言われました。

 

半年かけてがんばって結果を出してみたのですが、今度はまた別の言い訳をしてきて給料は上げてもらえませんでした。

その会社に入る時は年収360万のお話しだったのですが入社してみると250万ももらえませんでした(笑)

 

これが現在のブラック企業の現実です。

あなたの働いている会社はもっとひどいかもしれません。

会社に人を雇う資金力がないのでしょう。

 

人件費のカットはどの会社でも見られます。

でも人手が足りずに仕事が忙しくて回らない会社は多いです。

現在は昔より規制の厳しくなったものも多くその分無駄な雑務作業も増えています。

 

反面、ノー残業デイなどの働き改革で労働環境について問題視されるようにもなってきました。

完全に悪循環で負のスパイラルが生まれています。

副業を始めたり、ネットで稼ごうとする人が増えるのも当然だと思います。

 

競合他社や大手と張り合うにはコストを下げたり、何か付加価値を付けるなどしなければ中小や零細企業を相手にしてもらえません。

あなたが多少味が落ちてもファミレスに行くのは手軽で安いし全国規模のチェーン店という安心感からだと思います。

 

ブランド品などを買うのはその商品と合わせてそのブランドという付加価値を買っています。

行ったことのない土地や初めて買うジャンルの商品は口コミやランキングで上位3位から5位ぐらいまでをよく見るのではないでしょうか。

 

みんなが買っているから安心と思えたり、企業のブランド力が価値を生み出しています。

ちなみに僕の父は高卒で地元の工場で働いていましたが、年収900万もらっていたとよく自慢してきます。

 

父の友人で起業した方がいたそうですが、歳をとって今の生活を比べると、友人の方は途中からうまくいかず貧乏になってしまったそうです。

 

僕が起業の本などを良く読むようになってからはこれまで以上に

「サラリーマンのがいいぞ」

と、この話しを引き合いに出され何度ももめましたね。

 

そんな父も僕があまりにも転職したり、ずっと何冊もビジネスの本を読んでいることに何か気持ちの変化があったのか、最近では

「不動産関係で起業したらいいんじゃないか?」

「あの時はちょっと考えが間違っていた」

とたまに言ってきたります(笑)

 

真剣に行動していると誰かは見ているし、何も言わなくても伝わるものなのかなと思いました。

 

父はもう70歳ですが、彼なりに時代が大きく動いていて、これまでの常識が通用しなくなっていることに気付き始めているのかもしれません。

 

一軒家の住宅購入の際も父が買った時は4000万近くしたそうですが、今はその近くで新しく建つ家の価格を見ると2000~2500万ぐらいで売っています。

 

注文住宅や建て売り、立地や土地の広さなど一概には言えませんが、明らかに時代が変わっていることが誰の目にもわかる世の中です。

 

僕は田舎に住んでいるので都内とは違うと思いますが、都内に働きに行く弟は家賃が高すぎて都内で住む気になれないと片道2時間近くかけて毎日通勤しています。

 

福利厚生がよく家賃補助を出す会社もありますが、どんどんそういった制度はなくなっている傾向が目に留まります。

 

あなたがもし会社員なら、今40代や50代の先輩から半分愚痴のような参考にならない昔話を聞かされているのではないでしょうか。

 

●時代が変わっても常識は変わらない

時代が変わっているのは明らかですが、僕たちはこれまでの常識で生きることを周りから教えられています。

何年もずっと教えれてきた常識は骨の随まで染みついているためそう簡単に変えられません。

周りを見渡すと全員が同じ行動をとって同じことを言ってきます。

 

「辛くても一つの会社でがんばった方がいいぞ」

「とにかく勉強して良い大学に入って大企業や市役所に就職しなさい」

「好きなことで食べていける人なんて一部の才能のある人だからお前には無理だから辞めておけ」

「みんなと同じの普通が一番幸せだぞ」

「みんなやっているんだから同じようにがんばれ」

 

こうやって僕たちの知らない間に次の時代で生き残れない常識人が作られていきます。

常識人が量産されていくので少し疑問を持っても周りと同じ行動を次第にとっていきます。

 

昔はイケイケだった変わり者の友人が久々に会ってみるとどこが覇気が無く、考え方も常識の枠内に収まっていたなんてことはよくあることではないでしょうか?

 

変わり者は会社からしてみれば使いづらいわけですし、何も考えず自分達の利益のために働く人達がもっと欲しいわけです。

 

●自分で稼げる力を身に付ければ次の時代も楽しい

僕は昔から少し変わり者だったこともあってか周りの常識に馴染めずアフィリエイトを始めました。

あなたがもし今ある仕事を辞めて自分で副業で稼いだり、起業しようとしているならそれなりの覚悟が必要です。

これまでの常識をすべて捨てて行動するわけですから、恐怖心もあると思います。

 

なかなか行動できない日も多々あるでしょう。

僕がせどりで副業を始めた頃に強く感じたのは、マインドがサラリーマンになっていたということです。

給料は働いていればもらえるわけではなく、自分がいかに価値を提供できたかで決まります。

 

そのため稼げていない人は全く稼げず離脱していき、稼ぐ人は突き抜けたように圧倒的な収入と自由な時間を手に入れることができます。

自分には無理だと言って諦めてしまうの簡単ですが、これから先の未来は今よりも厳しい時代になることは明白です。

 

つまり今の働き方よりも厳しく辛い環境で働く覚悟も必要であるということです。

あなたは既に今の生き方に限界を感じたためにこのブログを読んでくれているのではないでしょうか?

 

上がらない給料に長時間勤務、無理なノルマ、パワハラやいじめがあっても理不尽は当たり前というのがブラック企業です。

終身雇用は既に崩壊していますし、年金や退職金だって期待できないですよね。

 

仕事ができるとかできないは関係ありません。

どんな業界でも本当に実力がある人はブラック企業などにはいません。

とっくに次の時代の生き方をしているでしょう。

 

あなたのレールは決まっているように見えてもそれは今の教えられた常識がこれから何十年も続く前提です。

そんなものはもう終わっていることに気付いていますよね。

僕はそんなつまらない人生を絶対に歩まないと決めました。

 

これからの時代は好きなことをして生きていき、好きなことが仕事になる時代です。

PC一台で自分で稼ぐ力を身に付ければ、これからの時代は楽しく生きていける可能性が飛躍的に上がるということです。

 

これからの時代が厳しいと言われているのは、あくまで昔の時代の生き方を選択した人であって誰にでも平等にチャンスがあります。

まだ少しだけ時間は残されています。

 

あなたの選択が、より良い自分の未来を作るきっかけになればと思います。