あなたはこれからどんな人生を送りたいですか?

人によって色々と生き方はあると思いますが、人生の半分以上を誰かにこき使われながらやりたくもないことをただこなすだけの人生を送りたい人ってあまりいないのではないかと思うんです。

 

言われたことだけやってればいい

ただ決まったことをやるだけでお金がもらえるなんて楽だ

 

こんなことを言う人がいますが本当にそうでしょうか?

 

 

●言われたことだけをやる人生がつまらない理由


 

僕たちは学校で教育を受け社会に出ます。

大体の人はなんらかの職に就いて社会人としていわゆる普通に働きます。

自分で考える力を求められる時代と言われながら、多くの仕事は単純労働でやりたくもないことのルーティン以外の何ものでもありません。

 

あなたがもし新人なら言われたことをやっていても上司からはもっと自分で考えて行動しろと言われることがあるかもしれませんが、結局は会社のために働かせられているだけで別に給料が増えるわけでもありません。

上司の期待に応えていればその会社での評価は上がるかもしれません。

たしかにどこかの組織に属してずっと生きていくのならそういった努力は必要な場合もあるでしょう。

 

でもよく考えてみて下さい。

そうやって支持を出してくる上司も結局は会社での仕事のルーティンをこなしているだけに過ぎません。

そんなことをひたすら毎日続ける人生が楽しいはずがありませんよね。

嫌な上司に当たってしまった場合はあなたをこれでもかと利用して自分の評価としてしまうでしょう。

 

先日マツコデラックスさんが「理不尽な上司に従うぐらいならAIに評価された方がいい」と言って多くの若者から共感を呼んでいましたが、いかに多くの若者がやりたくもない仕事をやりたくもない人と一緒にやっているかがよくわかります。

昔はそれでも歯を食いしばれば給料が上がったり役職が上がったりとなんらかのやりがいを感じられる時代だったかもしれません。

 

既に時代は変わって終身雇用は崩壊しています。

いくらがんばっても良くならない待遇や個々の価値観の違いが至る所で起きている時代です。

若者はもう会社でも昇級にも興味がない人は多いですよね。

 

会社に全てを捧げるぐらいならどうせ上がらない給料だし、無理して働くよりある程度のお金をもらってワークライフバランスを大切にしたいと考える人も多くなりました。

でもそんな中でも僕たちは生きていくためにお金を稼がなければなりません。

 

お金持ちの家で産まれたり、一部の人は会社員として働いていても自分の仕事にやりがいを感じて楽しい人生を送れているかもしれませんが多くの人はそんな状況ではないのではないでしょうか。

時代が変わって誰でも自分の好きなことを仕事にしたり、自分の趣味や好きなことばかりをやれる人生を送れることができるようになりました。

 

自分の好きなことをやっているのであれば、多少めんどくさいことや困難なことがあっても乗り越えようと思うのではないでしょうか。

多くの人はそんな環境に身を置いていないからちょっとしたことでイライラしたり、やる気がなくなってしまうのです。

 

 

●やりたいことは誰にでもある


 

誰にでもやりたいことの一つや二つはあるはずです。

あるいは得意なことでもいいでしょう。

あなたが人より簡単にできてしまうことや多くの時間を費やしてきたことは必ずあるはずです。

 

好きなことをやるか得意なことをやるかはよく議論されることですが、僕はその人の人生に対する価値観で判断していいと思っています。

人それぞれ年齢や環境などもあると思いますから一概には言えない場合も多々あるからです。

 

別にあなたのやりたいことが仕事である必要だってありません。

どんな人生を送りたいか、仕事以外でやりたいことは何かを考えてみるのもいいでしょう。

 

自分が今置かれている状況が嫌だと感じる理由は、労働環境や待遇が悪い中であなたの生きる価値観と違ったり尊敬できない人が周りにいるからですよね?

よくブラック企業が問題とされていることがありますが、そこでなんなく働いている人もいるわけです。

 

僕がこのブログで自分でビジネスを始めましょうと言っても嫌な人にとっては嫌なのです。

自分の価値観を知り、自分がどんな人生を送り何をしたいのかを考えてみてはいかがでしょうか。

 

そしてこれからは自分のやりたいことがわかっていない人は時代に取り残されてどんどん生きづらい世の中になっていきます。

これだけ労働について多くの問題が出ていて、多くの人が悩んでいたり辛い思いをしながら働いていることからもわかると思います。

 

 

●一つの生き方に縛られる必要はない


 

やりたいことを見つけるとなると多くの人が身構えたり、深く悩み過ぎてしまう傾向があると思いますが何もそこまで深く考える必要はありません。

 

何より僕のブログに訪れてくれている時点であなたは普通の人の何倍も自分の人生について真剣に悩んで考えてきた証拠です。

 

あまり悩み過ぎもいいことはありません。

時には思い切った行動も必要なのはあなたもなんとなくわかるのでないでしょうか?

 

答えは簡単やりたくないことは辞めてあなたのやりたいことにだけにフォーカスできる人生にしましょうということです。

 

あなたが仮に30歳でこれから大リーグで活躍したいとかアメリカの大統領になりたいとかと言うのなら別ですが、多くの人はそんな人生を臨んでいないと思うのです。

 

普通に家族と過ごす時間が欲しい、お金にもう少し余裕を持ちたい、自分の趣味の時間を作りたい、そういった思いがある人が大半だと思います。

働きたくないのなら働かずに生活している人から学べばいいし、お金持ちになりたいのならお金持ちの生き方を学べばいいのです。

 

また、自分自身を見つめて日々学んでいくと価値観もどんどん変わっていくと思います。

価値観が変わったらそれはそれでいいのです。

 

僕も昔はビジネスをやりたいなんて思ったことはありませんでしたが、今こうやって自分でネットビジネスをやっています。

それはサラリーマンとして働いてきたからわかることもあって価値観が変化したからです。

 

これだけ時代の流れが早い中で世間の価値観もどんどん変わっていっています。

それにもかかわらず、一つの会社に20年も30年もいてただ同じような作業をルーティンすることが楽しくないのは当たり前なのではないでしょうか。

 

今更仕事を辞めるなんて無理だよと一つの組織に長く続けた人であればあるほど言うと思いますが別に生き方は一つではないはずです。

会社員として働きながら副業をやる人だっていますし、脱サラしてしまう人もいます。

 

何社も転職する人もいれば、途中で海外に留学してしまう人もいます。

学生時代から起業してそのまま就職しない人だっているのです。

 

それらを何か特別なこととして考える人がいますが、あなたの周りにいないだけでなんら特別なことではありません。

僕たちは自分の価値観と似た人と一緒にいる傾向があるのであなたの身近にはいないだけです。

 

何より今こうやってネットで色々と調べているあなたはもうこれまでのあなたの周りとは違った価値観を持っているかもしれません。

そこに興味を持ったり、やってみたいと思うのならそれはあなたの才能が隠れている可能性が高いです。

 

周りに流されずに自分を信じてやりたいことをやりましょう。

そこにはこれまでとは違った価値観が必ずあるはずです。

 

 

PS.
先日友人達と久々に会ってきました。

僕と違って周りの友人はほとんど10年以上同じ会社で働いています。

長く働いている分、仕事や人間関係にもそこまで悩んでいないようでした。

そんな友人達でさえ「もう仕事辞めたい。誰か起業して雇ってくれ。」

などと言っているのです。

これからも同じ会社で働くつもりならあと30年ぐらいはあるわけです。

 

僕は単純に友人達が心配になりましたが、それでも仕事を辞めるという選択はないようです。

ただ、友人達は根っからのサラリーマン気質なので、「起業」というキーワードが友人達から出たことは驚きでした。

多くの人はもう雇われるという生き方自体が合っていないのかもしれません。

 

誰もが当たり前に自分でビジネスをする時代がやはりもう目の前まで来ていることを感じました。

生活の為だけにやりたくもないことを毎日長時間何十年も続ける生き方は僕にはできません。

自分のやりたいこと、これから送りたいと思っている人生の目標に向けてただ行動するのみです。