会社を辞めたり学校で不登校になってしまうと社会に適応できない社会不適合者の烙印を押されます。

でもそれは社会に適応できないというより、自分を大切にして自分の意志を尊重しているだけです。

 

つまりただ単にいる場所を間違えているだけなのです。

もっと個性を生かした生き方をすれば人生が楽しくなります。

 

今いる場所で周りと合わせることができなかったり、自分が社会に適応できないと悩んでしまうのはもったいないことです。

 

 

 

●社会に適合することは自分を偽ること


 

会社や学校に馴染めない

普通に生きていて何か違和感を感じる

 

そんな自分に嫌気が指し、なんで自分はみんなと同じではいられないんだろう

みんなと同じことをやっても面白くない

でもみんなで心底楽しそうだ

自分の人生を、日々の日常をもっと笑いや幸せで埋め尽くしたい

 

昔からそんな風に思って生きてきました。

でも今になって思います。

ただ単にいる場所を間違えていただけなんじゃないかと

 

何故かと言うとよく考えれば幸せを感じていた瞬間は僕にもあったからです。

ただその価値観を共有できる人は僕の周りにはいなかっただけの話しです。

 

例えばサラリーマンでゴルフをやる人は多いですよね。

会社でゴルフが好きな人が多いので週末みんなでゴルフ場に行く

みんなゴルフが好きなので楽しそうです。

 

そん中あなたは一人で本を読むのが好きで集団で何かをやることが苦手です。

もちろんゴルフなんて興味もなければやったこともありません。

 

そんな時に会社の上司から週末にゴルフに行こうと誘われました。

あなたは本当は内心嫌なのに異動したばかりの部署でなじまなければいけないと考えてゴルフに行こうと決意しました。

 

あなたは本当はとても嫌なのに精一杯の笑顔で1日を過ごし、今日は誘って頂きありがとうございました。

ゴルフは初めでしたがとても楽しかったです。

是非また誘って下さいなどどと言ってしまいます。

 

そしてそれを聞いた会社の上司は上機嫌になり仕事ではかわいがってくれるようになりました。

多少の仕事のミスも許されるようです。

その代償に度々ゴルフに誘われるようになりました。

 

いつのまにか週末の飲み会に誘われるようになりプライベートまでどんどん関わりが大きくなってきました。

あなたは1人で過ごす時間が減り、読みたかった本を読む時間もありません。

 

その分好きでもない飲み会は増え、好きでもない上司とパチンコ屋に行きゴルフ三昧の日々

「これが社会人か」

あなたは会社の中で自分の個性を出すことは許されないことを知ります。

 

そんな生活を1年、3年、5年、10年

気付いた頃にはそれが当たり前になり一体自分とはなんだったのか、もはやわからなくなってしまいました。

 

反対に同じ時期に入った同期はそういった上司の誘いを当初からすべて断っていました。

1年もすると誰も彼のことは誘いません

彼はそうゆうのは好きじゃないと僕に言っていました。

 

その代償は会社での居場所がなくなることでした。

自分の意志を通した彼にミスは許されません。

 

上司に気に入られずに毎日いじめのようにめんどくさい仕事ばかりをふられ出世の道も厳しいようです。

そんな彼はだんだんと病んでいきました。

 

偽った自分で作り上げた会社での居場所のある僕

自分を偽らずに生きてきて会社に居場所がなくなった同期

 

果たしてどちらが幸せでしょうか?

僕はどちらも幸せに生きているとは言えないと思っています。

これと似たようなことが会社や学校などの様々なコミュニティーで起きています。

 

 

●自分の意志を尊重した方がいい理由


 

あなたも実際に自身で体感したことや見たことがあるかもしれません。

こんな生き方をして苦しくなった人はうつ病になって会社を辞めたり、学校を休みがちになり不登校になったりします。

 

そうすると周りからは社会不適合者という烙印を押されてしまうようです。

でもよく考えると自分の意志を大切にして生きているだけなのがわかります。

 

なにも人生の生き方は会社や学校に行くことだけではないのではないでしょうか?

 

そんなこと言われても社会で生きていくには仕方のないことだとあなたは思うかもしれません。

でもそれはあなたのいる小さなコミュニティーの中だけの話しのはずです。

 

一歩そこから出てみるとまた別の価値観があることに気付くことができるでしょう。

もっと言えばどこにも属したくない人は自分でコミュニティーを作ってしまえばいいのです。

 

あなたは自分が社会不適応者だと自分のことを責めて個性を潰してはもったいないと思います。

 

何よりあなたの意志を尊重してくれない上辺だけのコミュニティーに所属していてあなたは自分の人生を生きていると言えるのでしょうか?

 

ネットビジネスをやっている人は個性的な人が多く、むしろ個性的でないとやっていけない世界です。

個性のないみんなに好かれようとする人の文章など誰の心にも響くことはありません。

つまりあなたを120%出すことがネットビジネスの中では重要であるということです。

 

それを続けていけばあなたの価値観に触れた仲間が自然と集まってきます。

あなたが普段生活している中で自分の好きなお店や趣味、ブランドなどがあるのと全く同じです。

 

インターネットが発達する前はそれは一部のお金持ちや才能のある人だけができたことだったかもしれません。

成功の裏に多くの努力をしながらうまくいかなかった人も大勢いるでしょう。

 

でも今はインターネットを通じて世界中に自分を発信できる時代になりました。

正しいやり方で継続していけばあなたは自分の好きなように生きていいくことができるのです。

 

僕は社会不適合者と言われている人ほどネットビジネスに向いていると思います。

子供の頃は誰でももっと自由に自分を主張していたと思います。

 

大人になるにつれいつの間にか小さな価値感に縛られたつまらない人間になってしまったと思いませんか?

そこに気付くことができたあなたなら今からでも決して遅くありません。

 

せっかくのあなたの思いや個性を潰さないで下さい。

あなただけの思想や価値観を必要としている人はあなたが気付いていないだけ世の中に大勢いるのです。

 

もっと自分の個性を生かして自由に生きて欲しいと思います。