あなたは今の人生が楽しいと感じていますか?

心から幸せだと言える人はこのブログを読んだりはしないかもしれません。

 

何をやっても上手くいかず、人生がくだらなく見えてつまらなかったのは他でもない当時の自分自身でした。

そんな僕も周りに合わせようとせず、とにかく自分の思い描く未来のために行動するようになって人生が変わっていきました。

行動を起こすことによって人生は変えることができるのです。

 

————————————————————————–
思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

マザーテレサ
————————————————————————–

 

この言葉は僕の尊敬する人が紹介されていて僕自身も影響を受けました。

 

幸せとは何か?

いつからかそんなことを自分自身で考えるようになりました。

何故この世に生まれてきて何のために生きているのか。

 

高校の頃までは何も考えていなかった僕が大学に入り、自分自身の人生について深く考えることが多くなりました。

大学を卒業した後には社会に出て働き、一人の人間として社会に貢献し自立していかなくてはならない。

 

そんなふうにちょっとまじめに考えていたと思っていたのですが、まだ遊びたりなくて働きたくなかっただけのようにも思います(笑)

ただ、今思えば僕は幼少期から人と少し価値観が違うなと思うことが多々ありました。

 

●幼少期から感じた価値観の違い

例えば将来結婚したいと思っている人

学校の先生にみんなが聞かれると8~9割の人が結婚したがっていました。

そんな僕も今は結婚していますが、正直結婚しなくてもいいと思っていたタイプなので少数派でした。

 

今でもなんでそんなことを全体にアンケートのような形で聞くのだろう?と疑問に思います。

自分らしく人生を楽しく生きることができればどちらでもいいのではないでしょうか?

学校の中で人気の番組はいつも見ていなかったので、みんなとの話題に入っていけない小学生でした。

 

仕方なく見てみてもおもしろくないのですぐ見なくなり、NHKの生き物地球紀行とかが好きなタイプでしたね。

一人の時間も大切にしたいタイプだったので、友達のグループに入っていても毎日一緒にいると疲れてしまうことがよくありました。

 

でも一人は寂しいのでなんとなく一緒にいるということをよくやっていました。

みんなが何かしている時に一人でずっと漫画を読んでいたりしていましたね。

 

●人生を変えるには自分自身と向き合う

ある程度歳を重ねて大人になると、いつからか人と違ってもいいのではないかと考えるようになりました。

会社で働いているとどうしても自分と合わない人とも接していかなければならないので窮屈を感じる人は多いと思います。

 

その反動もあってか、プライベートでは昔のように無理に誰かといたりすることをできるだけやめて一人の時間が増えていきました。

たしかに寂しいなと思うこともあるのですが、その孤独の時間に人生の大切なことが見えてくるのだと今では思います。

 

誰かといると一時の寂しさは無くなりますが、自分の人生を変えるようなことはまずありません。

僕は平凡な田舎のサラリーマン育ちなので、周りには普通の人がたくさんいました。

サラリーマンとしてどこかの会社に属し、大手の企業や公務員を羨むような世界の住人でした。

 

周りの友達は世間の常識がすべてであり、何があってもそこからはみ出して列を乱すようなことは決してしません。

そのような人と常に一緒にいては思考も行動も同じままなので人生が変わることなどありえません。

自分と全く違う価値観や情報に触れたり、新しい何かと出会うことで自分の中の常識が変わり人生を変えるきっかけになるのです。

 

まして社会人ともなると学生の頃とは違い自分の時間は本当に限られていると思います。

今の人生のままならいいのですが、人生を変えたいと思っているのならその限られた時間の使い方を変えていかなくてはいけません。

逆に言うと時間の使い方を変えれば人生を変えることができるわけです。

 

例えば毎日夕食後にはお酒を飲みながらつまみのお菓子を食べる習慣があるとしましょう。

それを夕食後にウォーキングをしたり、ジムに行って鍛える習慣にかえたとしたらどうでしょうか?

ジャンクフードによる健康被害や運動による体や脳に与える効果は検索すればすぐに出てくるぐらい常識になっています。

 

1年後にどうなっているかは説明するまでもないですよね?

実際に僕も数年前からランニングを始め、ここ1年ぐらいはジムに通うようになりました。

体付きは筋肉質で締まるようになり、精神的にもストレスが溜まりづらくなりました。

 

●本を読み始めて考え方が変わる

僕は一人の時間が増えたことでよく本を読むようになりました。

その頃の僕はとにかくネガティブで自分の人生すべてに絶望していました。

 

・何をやってもつまらない

・何に対しても興味を持てない

・誰とも話したくない

・人が信用できない

・働くのが怖い

・体は毎日鉛のように重い

・夜寝ることができない

・起きている間ずっと心が不安でいっぱいの状態

 

こんな状態がずっと続いていました。

完全に鬱病だったのだと思いますが、病院にも怖くて行くことができませんでした。

本を読むことでとにかくその状況から抜け出せる情報やヒントが得られるのではないかと思って必死でした。

 

毎月何冊も本を読んでいると、いつの間にかそこからビジネスの話や成功者のマインド、脳や潜在意識の使い方に興味を持ち始めていました。

給料が入ったらとりあえず本屋に行って興味のありそうな本を何冊か買ってむさぼるように読むのが日課でした。

 

●毎日がつまらないのは当たり前

当然周りの友人達とはさらに話しが合わなくなっていったのは言うまでもありません。

僕の周りは妻子と家を持つことが幸せのステータスとされ、一つの会社に長くいることが大切であると皆考えています。

それでも実際に飲みの場になれば会社や給料の愚痴がどこまでも続きます。

 

「みんな一緒なんだから仕方ない、明日も頑張ろう」

 

そう言いながら何年も心身共に疲弊した顔付きはどこか昔のような明るさは消えていっているように感じます。

毎日毎日がほぼ同じことの繰り返しのため、皆で集まっても昔のように色々な話題は出てきません。

 

僕はみんなが本当にそれで幸せなのかいつも疑問に感じています。

あの時に強烈に感じた違和感が今では間違いではなかったのだと現実として感じるようになりました。

 

・何十年も同じことの繰り返しで時間もお金もない。

・就職活動でみんな同じ服を着て同じようなことを言う。

・苦しくても歯を食いしばって小さな組織の常識に従って生きる。

 

こんなの人生楽しいはずがありませんよね?

人生をつまらないと感じる方が自然なのではないかとさえ思ってしまいます。

 

自分の趣味や好きなことをしたり、どこか行ったことのない場所へ行ったり、美味しい物をお腹いっぱい食べる。

大切な人との時間を大切にできる精神的余裕だって欲しいはずです。

そんな時間をもっと多く持てる人生にしたいと思いませんか?

 

 ●超情報化社会で昔の常識は通用しない

今は超情報化社会です。

PC一台とネット環境があれば、学歴やコネがなくても誰でも簡単にビジネスを始められます。

 

「中小企業に働いて上がらない給料や複雑な人間関係に苦悩する人」

「学生でもニートでも主婦でもインターネットを使ったビジネスで自由にお金を稼ぎ自分の人生を楽しく生きている人」

 

古い体質のまま生きる人と新しい時代に生きる人が入り混じった過渡期が現在です

終身雇用は明らかに崩壊しているのに無理にそこにしがみついても意味があるようには僕には思えないのです。

 

一人でいる時間を作り、世の中を客観的に見ていると今まで常識とされていたことが通用しなくなっているのを感じます。

本を読んだり、ビジネスの勉強をすればするほど、当時の自分の生きづらさは時代に合った生き方をしていないからだということがわかります。

 

現代社会で人生をつまらないと感じる人がこんなに多いのは、時代が変わっているにもかかわらず、戦後のわずかな間に作られた常識を今だに採用しようとしていることも関係していると思います。

 

●自分の価値観を信じる

人それぞれ容姿や考え方、環境が違うように幸せの形も違います。

それを無理に一つの型に当てはめようとしてももはや今の時代では無理があります。

誰もが世界の情報を簡単に知ることができ、一人一人が自分の好きなことだけを追い求めています。

街を見ると皆スマホの画面だけを見ていることを考えれば当然の流れです。

 

僕は僕の人生を、あなたはあなたの人生を生きなくてはいけません。

何かに依存せず、自分の人生は自分で責任を持ちましょう。

誰かの考えに無理に従わなくても生きていける時代になりました。

僕は自由に幸せな人生を生きるためにアフィリエイトを始めました。

 

あなたにとって自分の幸せや大切にしたいことは何でしょうか?

あなたの人生を変えられるのは他でもないあなただけです。

自分自身をもっと信じて大切にしてあげて下さい。

 

別に何かから逃げたっていいんです。

また別のことを始めればいいのではないでしょうか。

人の悪口や揚げ足をとることしかできないような人と無理に付き合う必要はありません。

そういった人達は自分で人生を変えることもできず、いつも周りのせいにばかりしています。

 

少なくともあなたは自分の人生を変えようと必死に調べたり行動を起こそうと思ったからここまで読んでくれたのだと思います。

頭だけで考えず何故人生がつまらないか、毎日生きづらいと感じているのかをもう一度真剣に考えて一つずつ紙に書き出してみて下さい。

 

僕は丸一日かけて自分のやりたいことをとにかくなんでも200個以上書き出したことがあります。

あなたも今日今すぐ一つでもいいので書いて行動に移してみてください。

そこには必ずあなただけの生きるヒントがあるはずです。

 

行動するか、しないか

人生は思っているよりもシンプルです。