誰でも迷った時に安定した職業って何かなと考えたことがあると思います。

それは学校の教師や親に

「安定した職業に就きなさい」

「資格をとれば安定した職業に就けるよ」

 

と言われてあたかも就職とう1つの選択肢ししかないように教え込まれてきたからです。

自分の親や親戚、友人など自分の周りもそのことになんの疑いも持たずに生きているので、その常識に疑問を持つような人は非常識な変人扱いをされています。

 

 

●世間の言う安定した職業とは?

そもそも世間の言う安定した職業とはどういった職業を指すのでしょうか?

 

1.公務員や大手企業

公務員は給与や福利厚生の制度がしっかりしているため、自分の人生設計が立てやすいと言われます。

僕の弟が以前公務員だったのですが、年齢や役職などによっていくら給料がもらえるのかしっかりと明記されていました。

もちろん中小企業よりも全然待遇はいいです。

大手で働く友人も地元の中小企業で働く他の友人よりも年収も福利厚生も優遇されていて、学歴も優秀だった彼は同年代でもアタマ一つ出ているといったイメージでした。

 

2.アルバイトや契約社員よりも正社員

アルバイトや契約社員よりも正社員の方が待遇がいいことは多いです。

ライフスタイルや何か事情があって正社員を選ばない人もいるとは思いますが、特に福利厚生面で正社員との差があるように感じます。

 

アルバイトや契約社員は責任がないからいいと言う人もいますが、そもそも会社側は仕事に対して責任を持って取り組んでいる人を好むので、がんばっていると結局正社員と同じような仕事をしなくてはならなくなります。

 

僕は前の会社で役職の付いた正社員よりも仕事量も時間も必死にやっている契約社員を見ましたが、最後は精神的に潰されて辞めていってしまいました。

 

それだけがんばっても正社員よりも給料は安くボーナスも出ていませんでした。

業種によっては正社員では残業が出ないので契約社員の方がいいという場所もあるようですが。。

 

3.高卒より大卒の方が有利!?

僕はこれまで何度も転職してきたので、その分ハローワークや転職サイトを多く見てきました。

一概には言えませんが、日本はまだまだ学力主義ですので応募条件として大卒以上を謳っている起業は実際に多かったです。

大卒の中でも文系よりも理系の方が応募できる職種が広かったように感じます。

 

個人的には高学歴だから仕事ができるわけでもないし、高卒でも仕事ができる人は何人も見てきました。

会社側もそれはわかっているはずなので、そう考えると学歴主義を貫く必要はないと思ってしまいます。

就職活動が出来レースと言われる意味がわかりますね。

4.その他会社に勤める上で気になるのが

・リストラが少ない、あるいはない
売り上げが安定している。あるいは独占企業。

・離職率が低い
仕事量に余裕がある。待遇がいい。

・ワークライフバランス
残業が少ない。有給を取得しやすい。

・転職先がある、潰しがきく
資格を持っているとできる仕事、専門的なスキルを身に付けられる仕事

こういった部分を就職や転職する際に気にすると思います。

 

●自分のやりたい仕事かどうか

自分のやりたいことを仕事にしようとする人は年収別ランキングや職業別ランキングなどの情報をいちいち気にしません。

好きな仕事なら給料が少なくても選びます。

 

つまり、上記で上げたことを気にしすぎている時点で、何か特別な事情がある場合を除いて、「できる限り楽をしてお金を稼ぎたい」と思っているわけです。

実際に実力があったりポーカーフェイスでくぐり抜け、面接を通過できる人は問題ないかもしれません。

 

ただ多くの人はそううまくはいかないはずです。

新卒の就活の時も感じましたが、内定の出る人は一人で何社も貰います。

逆に不採用が続く人は本当にぎりぎりまで就職活動をしていました。

 

上記で上げた安定した職業に就きたい人の多くは就職できたとしても、自分の理想とはほど遠い企業への就職が待っている確率が高いです。

 

「楽な仕事をして楽にお金を稼ぐ」

こういった思考は日本の常識ではダメな奴です。

 

そんな気持ちで面接に臨んでも、他の熱い気持ちを持った優秀な候補者には勝てません。

面接を受ける企業のホームページをくまなくチェックしたり、模擬面接や筆記試験の準備もろくにしていない熱意のない候補者を企業側は採用してくれません。

 

そんな熱い気持ちになれないのはあなたが受ける企業の職種や業務内容に興味を持っていないからです。

例えば大好きな漫画やミュージシャン、自分の趣味のことなら熱く語ることができますよね?

 

●選択肢は就職だけじゃない

「楽な仕事をして楽にお金を稼ぐ」

僕もネットビジネスを始めるまでは同じような考え方でした。

この考え方自体に良いも悪いもありません。

 

日本の常識ではダメな奴と言われるだけです。

実際の世の中には楽にお金を稼いでいる人は大勢います。

その人達との差は単純にお金の稼ぎ方を知っているか、いないかの違いだけです。

 

僕たちはこれまでの教育でお金の稼ぎ方など誰にも教わっていません。

就職して一生懸命働くことだけを教え込まれてきたのです。

そんな正しいかもわからない常識に疑問を持つことができるのが、就職や仕事だと僕自身感じてきました。

 

就職して働き始めると、自分の自由な時間などほとんどありません。

自由になりたい気持ちが強い人ほどサラリーマンの理不尽な世界に耐えきれなくなると思います。

もしかしたらもう既に何社か経験して痛い目にあっているかもしれません。

 

その上で次の転職は失敗しないようにしようと真剣に調べている人もいるのではないでしょうか?

僕はもうその作業ややりたくもない仕事をしながら人生の半分以上を過ごすことに嫌気が指してしまいました。

理由はネットビジネスを始めればそんなことをする必要がないからです。

 

僕は今アフィリエイトをしていますが、結果も出ない嫌な仕事を何十年も続けるよりは遙かに楽しいですし、アフィリエイトはやったらやった分だけ自分に返ってきます。

一度稼ぎ方を知ってしまえば、それは生涯のスキルとして使えるので、未来にあるかもわからない職業の資格を取るよりもよっぽど自分のためになります。

 

また、アフィリエイトは仕組みさえ整ってしまえば後は自動でお金を稼ぐことができるので、余った時間はいくらでも好きなことができます。

つまり安定した職業に就きたいと願う自由を求める人にこそ是非取り組んで貰いたいビジネスなのです。

 

安定した職業や職業別の年収を調べることも大切なことだと思います。

ただこれからの日本であなたの考えている職業はあなたの思い描く人生を謳歌することができるでしょうか?

 

僕が最も大切だと思うことは

「心の自由」

です。

 

自分の心や考えが自由でないと人生は決して楽しくはないです。

子供の頃はあんなに自由で楽しかったのに大人になるとなんだか毎日つまらない。

でも人生はこうゆうものだし、みんな周りも同じだからと歯を食いしばって生きてく。

 

それで死ぬときに後悔しないと言い切れると思いますか?

誰かの価値観や世間の常識に依存していては自分の人生を生きることはできません。

僕は自分らしく、心の自由を求めてアフィリエイトを始めました。

人生の選択肢は就職一つではないことをもう一度考えてみて下さい。