社会で生きていく中で老後の不安は誰にでもあると思います。

それは何によって起きているのでしょうか?

 

ほとんどの事がお金という物差しで解決できることばかりではありませんか?

 

つまりあなたがサラリーマンであれば今の会社で働いてもらえる収入だけでは不安なため起こると言えます。

 

あなたが学生であれば、これまでの古い常識を親や学校で教育され、現代の流れの速さや生きづらさに不安を感じているからです。

 

 

 

●老後の生活費をどうするか


 

生活をするためにはお金が必要ですが、会社員をしているほとんどの人がほぼ1ヶ月をなんとか生活していける程度の給料しかもらうことができません。

 

今、老後を生きている人達は年功序列のシステムの中で生きてきたため、毎年しっかりと給料が上がっていた人がほとんどです。

 

年金も今はまだ貰えているため、会社員として働いていた多くの人は生活をしていけるわけですね。

 

これが現代を生きる僕たちはどうでしょうか?

会社でいくらがんばって働いても給料はほとんど上がりません。

 

年金制度や終身雇用制度は崩壊したと言われ、退職金を出さない会社も多くなってきました。

安定の代名詞であった大企業も倒産やリストラを当たり前にする時代です。

 

僕たち親世代が大好きな公務員も給料が減らされていますね。

これらは誰もがテレビのニュースや様々なメディア媒体で日々目にしている内容だと思います。

 

それでも今だに古い常識のまま会社員として一つの会社に勤め上げることが美徳されています。

老後の生活が不安になるのは当たり前なのではないでしょうか?

 

老後の見えない恐怖ではなく、誰が見ても明らかな恐怖しかないと思います。

 

 

●収入源が一つしかないなら複数作る


 

最近では時代の大きな流れをくみとるかのように、大手企業も副業を認め始めました。

 

老後の不安を本気で考えるのなら、今のうちに収入源を会社からの給料だけでなく他にも作っておくことをおすすめします。

 

倒産やリストラによっていつ今の収入が途絶えるかはわかりません。

 

例えば月10万円の副収入があれば、仮に毎月20万円もらえる会社で働いていて倒産しても、10万円もらえる会社に転職すれば今の生活は維持できるわけです。

 

10万円だったらアルバイトでも稼げますよね。

収入が複数あることは経営者などは当たり前に行っていることです。

 

これからどんどん時代が厳しくなってくるとエリート会社員達も副業をするためにネットビジネスの市場に参入してくるでしょう。

 

今はまだエリート会社員達の生活は安定しているため、副業をしなくても平気なレベルなのです。

 

そんな人達まで市場に参入してきた時に同じスタートであなたは勝てる自信がありますか?

 

たぶんその頃はほとんどのサラリーマンの生活と労働環境は今よりも厳しくなっています。

 

時間もなく身体も疲れ切っているわけです。

年齢を重ねたことで病気になっているかもしれませんし、体力は間違いなく落ちていますよね。

 

今日この日が人生で一番若い日なのです。

間違いなく今がネットビジネスを始めるチャンスです。

 

 

●老後を考えても意味がないので今を生きよう


 

まだ20歳ぐらいの学生が老後の不安を考えてもあと何十年先の未来のことでしょうか?

今の定年が60~65歳だとして考えても40年以上も先の話になるわけです。

 

2017年現在でも年金制度や終身雇用の崩壊が当たり前になっているにも関わらず、2057年以降にどうなっているかなんて誰にもわからないのではないでしょうか?

 

究極的には、先の見えない老後を考えても意味がないので今を精一杯生きることが先決だと思っています。

 

お金の価値が無くなる時代が来るとも言われているぐらいです。

少なくとも今の古い常識が続いているとは考えづらいですよね。

 

人工知能や技術の発達により、多くの仕事がロボットに奪われることも発表されています。

それにもかかわらずなんとなく今の生活が続くと言い切れるのは何故でしょうか?

 

僕は周りにそういった思考の人しかいないからだと思います。

その人達の常識は本当に正しいと言い切れるのなら、このままページを閉じて頂ければと思います。

 

でもあなたはそうでないと直感的に感じたからここまで読んでくれたのだと思います。

国や会社は国民全員が自由な生き方をしたら困ってしまいますから、あまり深く考えずにまじめに労働してくれる人が欲しいのです。

 

そのための教育が学校であり、僕らの行動や思考を縛っています。

 

 

●好きな事を仕事にすれば老後の不安は消える


 

今はインターネットが発達したことによって、個人でも簡単に起業したり、ネットビジネスで稼ぐことができるようになりました。

 

一人一台スマホを持っている現代で、その情報は誰でも探そうと思えば探すことができるはずです。

 

それでも多くの人が今だに良い大学に入って、大企業や公務員への就職しか頭にないことからもわかるように、情報も2極化しています。

 

情報格差によって時代に合った生き方ができる人とそうでない人が生まれ、その差はどんどん広がっています。

 

お金持ちや人生を楽しんでいる人にとっては「自分の生き方や好きなことを追求できる時代がやっときた」と言っているわけです。

 

反面、鬱になる人やブラック企業で働いて苦しむ人、学生などの若いうちから人生がつまらない、自分の生き方がわからないと多くの人が悩んでいます。

 

多くの人生を悩む人達も時代の変化とともに常識が通用しなくなっていることを肌で感じているのかもしれません。

 

それが老後の不安という見えない形で現れてきているのではないでしょうか?

 

僕が去年行ったセミナーでは大学生、あるスポーツで日本代表選手になっている子、地方からわざわざ来ていた就職したばかりの子など、自分が同い年の頃では考えられないような意識の高い若者達が半数以上を占めていました。

 

僕はその中で30代のおっさんなわけです(笑)

 

僕が20歳前後の頃は、わざわざ休日に何万円も払ってセミナーに行こうなんて思いつきもしませんでしたし、仮に知ったとしても行かなかったでしょう。

 

こんな子達があと10年も学び続けたらどうなるでしょうか?

 

脳も僕の物とは違いハイスペックの最新型です。

これからどんどんそんな子達が出てくるわけです。

 

つまらない、興味がない、きつい上に給料も安くて誰でもできる仕事なんてしている場合ではありません。

 

自分の人生において本当は必要ではない人間関係に悩んだり、長時間労働やパワハラ、達成できないノルマに追われる日々を送っていても老後の不安は消えるどころか増すばかりではないでしょうか?

 

僕はまず何かネットビジネスを始めるならアフィリエイトを推奨していますが、あなたが少しでも興味を持ったことや面白いと思うことには積極的に参加して欲しいと思っています。

 

ビジネス本や成功者のセミナーに行くと必ず言われる「好きなことを仕事にしなさい」という謳い文句は、これからの人生を生き抜くための必須項目なのかもしれません。

 

何より老後になった時、もっとこうしておけば良かったなんて思うことのないよう自分らしく好きなように生きていきたいですよね。