何かに興味があっても行動に移せない。続かないって人は結構多いんじゃないかと思います。

何を隠そう僕もその一人だから、気持ちは痛いほどわかります。

昨日あったやる気が今日には綺麗さっぱり消えている。

 

やる気って続かないですよね。

例えばアフィリエイトに興味があってアフィリエイトで稼いでいる人のブログを読んでメルマガに登録して、よしやるぞ!ってなって教材まで買うのにそこからなかなか続かない。

 

あるいは買って満足。

そこから結局何もせずいつものなんとなくの生活に戻る。

世の中の90%の人は何かやろうと思っても続かない傾向にあります。

 

つまり続かないことが普通であり、決してあなたが悪いわけではないということです。

原因はただやり方を知らないだけです。

何かを続けることが難しいと考えていませんか?

 

これまでなんでも続かない自分に自己嫌悪してしまっていた人は自分に合う方法を模索してみて下さい。

僕はそれがなんでなのかなと思って、ひたすら本を読んだり、ネットでインプットし続けていた時期がありました。

その中で色々試していき、僕的に使えるなと思ったことを紹介していきます。

 

 

●続かない7つの理由を考えてみる

それでは早速、僕がこれまで何かを始めて続かなかった理由をピックアップしていきます。

 

1.本当はやりたいことじゃない
2.つまらない、未来がイメージできない
3.自分を高く評価し過ぎ(目標が高過ぎる)
4.意思力を使い過ぎている(日常生活でエネルギーを使い過ぎ、時間の使い方が下手)
5.やることがわかっていない(細分化されていない)
6.そもそもやる気がない(人間はもっともらしくできない理由を作る天才)
7.目標設定ができていない

 

大きくはこの7つが個人的に当てはまっていました。

どこか自分に当てはまる部分もあると思いますので一度自分の経験を思い返してみて下さい。

続いたことに関しての理由を考えて比較すると、よりわかりやすくなると思います。

 

 

●無理なく続けて習慣化しよう

脳の最適化を行うために、1週間に1度まとめてやるよりも、1日10分でもいいから自分のやろうとしていることをやってみることが大切になってきます。

 

ただ、少し厳しい言い方をすると、行動できないという言い訳を自分に作ってしまっている内は人生を変えることはできません。

2,3日や1~2ヶ月で何かを成し遂げられるほど人生は甘くないことは既にご存じかと思います。

 

手軽に短期間で自分を変えることはできません。

そんな考えでずっと人生を歩み続けると誰からも尊敬されない人間になってしまうと僕は考えています。

 

とにかくちょっとずつでいいから半年とか1年続けてみれば何かしらの結果は必ず出ていいます。

それがどんなに小さい山であってもそこまで登れる人は一握りです。

始めにお話ししましたが、90%の人は何かを始めても続きません。

 

 

●諦めずにやり続ける

僕も以前はつい目先の利益や結果を求めて生きてきました。

口ばっかりで何もしていない人間が何か結果を出せるわけがないんです。

そんなふうに30年以上生きてのに、いきなり稼いでいる人たちと同じ行動がとれるわけはありません。

 

一日10分、クリックするだけで月収100万円!

こんなふざけた話しがあるわけありませんよね?

ダンベル10kgを重いと思っている人がベンチプレス100kgを上げようと思っても上がるわけがないんです。

 

僕はまずそんな自分の実力に絶望して、諦めて認めてあげました。

毎日やる気とモチベーションが溢れ続けるなんて人はほとんどいません。

ポイントはそんな自分とどうやって付き合うか。

 

初めはやる気がなかったけど始めてみたら以外と続いたなんてことは誰でもありますよね。

スタートはどこからでもいいですし、理由もなんだっていいんです。

 

仕事、睡眠、食事以外の時間をできるだけ頭のいい人の話を聞いたり、本やブログを読んでインプットし、今度はそれをアウトプットし続けて下さい。

 

僕で言うのなら例えばこのブログもその一つです。

そうすると少しずつ自分のやるべきことが見えてきます。

一見すると一番遠回りに見えることが人生の近道だったりします。

 

一度やると決めたら何がなんでもやると決めて成功するまで続ける習慣を身に付けましょう。