昨今では終身雇用が崩壊して一つの会社に勤め続ける人は少なくなりました。

 

僕も実際にまだ30代ですが何度も転職したり、フリーターやニートの期間も経験しました。

会社をやめて別の会社に転職する時は色々な理由があると思います。

 

年収を上げたり、次のステージにスキルを上げるためのキャリアアップとしての転職や住む場所が変わるなどの理由で転職をする人もいます。

このブログを読んでくれている人はどちらかと言うとマイナスな要素を含んだ転職をする方が多いのではないでしょうか?

 

●誰もが当たり前に転職する時代

会社での人間関係や労働時間、給料や仕事面での転職は誰にでも起こりうることだと思います。

キャリアアップによる転職をする人でも100%現状に不満がないというはあり得ません。

 

サラリーマンはあくまで雇われている身のため、自分の時間や住む場所、稼げる金額などを会社に依存しなければならないため、どうしても不自由な面は多々でてきます。

 

一部の優良企業では自由な社風をうまく取り入れて社員の満足度を上げることに成功しているようですが、自分の性格や働くことに関する考え方を反映させることができる会社はまだまだ少ないのが現実だと思います。

 

長年一つの会社で働くことによって役職が上がったり、仕事ができるようになることでその会社に居やすくなることはあると思いますが、あくまでその会社の常識の範囲内で行動しなければなりません。

 

そのことに気付かず自分は「偉くなったんだ」と勘違いしてしまっている人があなたの上司などにいるかもしれませんね。

会社という後ろ盾がなければ通用しないことがほとんどのため、会社の倒産やリストラがあればそれまでの地位はすべて消えてなくなります。

 

例えば●●株式会社●●部の●●部長と言う肩書きはその人自身のブランドではないということです。

それにもかかわらず、その価値に依存してしまうため、会社での自分がすべてとなってしまう人は多いです。

 

反面どこに行っても輝ける人はそんな後ろ盾など必要とせず、自分の力のみで生きていく能力があります。

 

大手企業が倒産したりリストラがいつ起こるかわからない中で、会社という肩書きに依存するだけの生き方はいかに危険なことかがわかると思います。

 

●どこで買うかではなく誰から買うかを消費者が選ぶ時代

これからは「どこで物を買うか」ではなく「誰から物を買うか」のスキルが必要な時代なので会社にどっぷりと依存してしまっている人ややみくもに会社を転々としている人では生き残ることはできません。

 

時代を生き抜くためには自分というブランドをいかに高めて、自分で稼ぐ力を身に付ける必要があります。

 

日本の学校ではお金の稼ぎ方を教えてはくれませんし、サラリーマン気質になっている日本の教育では他者と違うことは個性として認めてもらえません。

 

一度でも会社に勤めたことがある人ならわかると思いますが、みんなが同じ方向に同じような生き方をするスキルが今だに求められていますよね?

 

ニュースでは学校の教師が他の生徒と一緒になっていじめにあっていた生徒をいじめたり、話しをまともに聞かずに突き放したりすることを耳にしますが、個性を伸ばすことのできない教育が根付いてしまっていることを感じます。

 

もちろんこれは会社でも同じで、これまで個性を生かして自分の力だけで生きていくスキルを磨いたり教わってこなかったために、何かあった時に急な付け焼き刃のスキルで対処できるわけがないのです。

 

●インターネットがあれば何でもできる

現代はインターネットを使えばお金を稼ぐ方法を調べることもできますし、実際に稼いでいる人から学んだり真似をすることができます。

 

新しい職業や技術を紹介していたり、最新の科学や人間の脳に関する論文、海外の一流大学の講義を無料で学ぶこともできます。

つまり、クリエイティブな生き方をするための方法がわからなくてもクリエイティブな生き方をしている人のことは学べるのです。

 

0から1を生み出すスキルがなくても、他から学んで1を100にすることができれば十分です。

それでもあなたの周りからすれば時代に合った革新的な生き方をしているように見えるでしょう。

 

誰にでもオープンな情報化社会を生き抜くことは、受け身のサラリーマン気質のままではもう古いわけです。

自ら行動を起こして自分の力や個性を伸ばすスキルが必要です。

 

「忙しい毎日でそんなことしている暇なんてないよ」

 

もしあなたが会社員や主婦をしながらパートをしていたりしたらそう思うでしょう。

学生であっても自分の専攻している分野の研究などで自分の時間は一日たったの数時間かもしれません。

 

でもその数時間を使って新しいことに挑戦したり、寝る時間を削ってでも自分の未来に向けて投資し続けた人が1年後、10年後、20年後に社会を動かす人間になることは言うまでもありません。

 

僕はPC一台で自由な時間とお金を手に入れることができるアフィリエイトを行っています。

アフィリエイトにはこれからの情報化社会を生き抜く要素がこれでもかと言うぐらい含まれています。

 

アフィリエイトで稼ぐことができればビジネスを行う上で必要なスキルは学ぶことができますし、仕組みさえ整ってしまえば自動で収入を得ることができるのです。

 

今までブラック企業で死ぬほど働いていた人からすれば信じられないことかもしれまん。

ですが実際はこれまでなんのスキルも身に付けてこなかったけど人生を変えたいと思っている人なら誰でも始めることができます。

 

自由な時間とお金を稼ぐことができれば、ほとんどの人は会社に依存する必要はなくなりますよね?

世の中の90%の人は生活の為と言って自分を偽って生きています。

 

何十年も自分を偽り続けていると、いつの間にかそれが自分であり人生であると錯覚を起こしてしまいます。

気付いた時に後悔してもそれではもう遅いです。

 

●幸せに生きるために

 

やるならやろうと思った日にやる。
やると決めたら本気でやる。

 

そうすればあなたの人生は必ず変わります。

でもほとんどの人はこの2点ができません。

学歴や性格、コネなどこれまでの経験など何一つ関係ありません。

自分の中に染みついているこれまで生きてきた価値観が頭の中でブロックをかけているだけです。

 

・自分を変えたい
・自由な時間が欲しい。
・会社員を辞めて雇われずに生きていきたい。
・今よりももっと収入が必要だ。
・煩わしい人間関係から解放されたい。
・自分で起業してビジネスをやってみたい。
・ネットビジネスに興味があった。
・なんだかわからないけどとりあえずやってみたい。

 

理由はなんでもいいんです。

あなたがこれからの人生をつらく厳しい生き方をしたいと言うのなら今のまま生活をすればいいと思います。

でもせっかくの1回きりの人生です。

 

つまらないと思って生きるより、ワクワクドキドキしながら毎日を楽しく生きる方が幸せだと思いませんか?
僕も同じです。

 

そんな人が自分の周りで一人でも増えていってくれたら、今よりも楽しく切磋琢磨できる未来が待っているではないでしょうか。