ちっぽけな自分を認める

 

自分はなんてちっぽけなんだろう

 

僕はよくそんなことを考えます。

 

小さなことで悩んだり、クヨクヨしたり

小さなことでイライラしたり、悲しくなってしまったり

どうでもいいことに気をとられてしまって、そんな自分に自己嫌悪してしまったり

誰かのことが羨ましくなってしまったり、嫉妬してしまうこともあります。

 

もしかしたらあなたもそんな時があるかもしれません。

 

僕の悩みなんて世界の問題からすれば本当にどうでもいいことです。

もっと世界で苦しんでいる人もいますよね。

世の中にある様々な問題を目の当たりにして、自分の現状では何もできないことに絶望する人もいるかもしれません。

 

僕は全然幸せな方なのに、まだまだ満足していないこともあります。

昔は自分がこの世で一番不幸なんじゃないかと言うぐらい、ネガティブに塞ぎ込んで勘違いしていた時期もありました。

でもそういった悩みも自分にとっては重要なことでもあり、決してどうでもいいことではないこともたしかでした。

 

日本は平和で恵まれているとは思いますが、どこか閉鎖的で生きづらい雰囲気を感じている人は少なくないと思います。

何より自分のちっぽけな悩みを解決できないようではもっと大きなことをしようにもどうしようもありません。

 

だから僕は上辺だけで誰かのために行動しようとするのではなく、まず自分の為に生きることから始めようと思いました。

自分を幸せにできない人が誰かを幸せになんてできないと言いますが本当にその通りだと思います。

 

ちっぽけな自分であったとしても、そんな自分を認めることから始めてもいいかもしれません。

現状の悩みや問題に目を背けずに一歩ずつ歩んでいくことが重要なのではないでしょうか。

 

ちっぽけな自分に気付いてから

自分はなんのために生まれてきたのか?

この世界に存在している意味はあるのか?

この世界はなんのためにあるのか?

 

いくら調べても考えてもわかりませんでした。

たぶん世界中の誰にもわかりません。

 

ただ、喜怒哀楽の感情がある時に自分のちっぽけさにだけは気付くことはできました。

 

自分はこんな小さな事に幸せを感じられるんだな

自分はこんなどうでもいいことに心を乱されているんだな

 

一歩引いて自分を見てみると自分の感情を客観視することができます。

そんなちっぽけな自分に気付くことが僕にとってはとても重要なことでした。

これを読んでくれているあなたはどうでしょうか?

 

僕はちっぽけな自分に気付くことでもっと成長しようって思えます。

歳を重ねても、どこに行っても、誰に何を言われようとも自分は何も変わってないんだと自分の真ん中の部分に気付くことができるからです。

 

生き方に正しい答えなんてないのかもしれません。

何かを始めるにしても辞めるにしても理由なんていらないのかもしれません。

 

そんな風に考えるようになってからもっと自分の気持ちの赴くまま生きようと決めました。

なぜなら自分らしく生きることが自分を成長させることに繋がると思うようになったからです。

 

僕は昔からもっともらしく上から目線で何かモノを言われるのが大嫌いでした。

人より反骨精神が強かっただけかと思っていましたが、ただただ自分らしくありたいと思っていただけなのかもしれません。

 

自分の可能性を信じる

そもそもあなたがちっぽけなことは悪いことでしょうか?

自分は凄いんだと思うよりも自分はちっぽけなんだと思うぐらいが丁度いいのではないでしょうか?

 

そのままの自分でいいのだと僕は思います。

ちっぽけな自分の良い所やだめな所に気付くことで僕は次に何をしようか考えます。

 

今の自分にできること

もっとやりたいこと

今よりも背伸びしてがんばろうと思えること

 

時には悔しくて涙が溢れることもあります。

最近よく思うのですが、良いことも悪いことも振り返ってみると全部がこれまでの人生に繋がっているんですよね。

とすると、これからも今の自分の様々な経験や考えが未来の自分に繋がっていると思えるようになりました。

 

今はまだちっぽけな自分であっても、もっと成長することができると考えれば自分自身の可能性を感じることができるのではないでしょうか?

 

自分がいなくなっても世の中は回る

正直僕がいなくてもこれを読んでくれているあなたがいなくてもこの世界は回っていきます。

と言うより、どんな偉大な人がいなくなってもこの世界は回っていきます。

 

歳を重ねているだけで自分はすべてを手に入れたように偉そうな顔をした中身のない大人にはなりたくないものです。

 

どれだけ自分がちっぽけで意味のない存在だからといって、自分を否定をし続け自分にはなんの価値もないんだとも思いたくはありません。

 

いや、実際は価値なんてないんでしょうけどね(笑)

別にいいじゃないですか、価値なんてなくたって。

 

下を向いていても何も変わりません。

 

生きる意味や自分の価値に答えを探しても見つからないなら自分で作ってしまえばいいと思います。

それがあなただけの正解になります。

それでいいのではないでしょうか。

 

僕はこれからも自分を信じて生きていたいし、どんな自分も認めてあげることがなんだか大切なんじゃないかなと思います。

スピリチュアル的なことはわかりませんけどね。

でも見えない力がこの世に存在しているのなら、自分を否定するよりも自分を認めてあげる方が自分自身に対しても周りの誰かに対してもいいとは思いませんか?

 

今は認められないって人もいるかもしれませんが、それでもいいと思うんですよね。

そんな自分がいるってことに気付いてあげることが次の一歩に繋がるのではないでしょうか。

僕も昔はこの世界も自分も大嫌いでそんな時期が長かった方だと思います。

 

でもそんな自分を責めないで欲しいんです。

これは僕が尊敬する人からの受け売りですが、そこからはあまり良いものは生まれないからです。

そんな自分も認めてそのままのあなたでいて下さい。

 

僕の場合はまずどんな自分も認めてあげることで次に進むことができました。

時間はかかりましたが、それで良かったと思っています。

 

自分を信じられるようになった今もやることは変わらないです。

 

ちっぽけな自分に気付いたらもう一回見直して次に歩み出す。

その繰り返しで昔よりはちょっとだけ成長しているような気がしています。

 

ちっぽけな自分にできることはたくさんある

ちっぽけな自分にできることなんてない

 

そんな風に思うかもしれません。

その気持ちは痛いほどわかります。

なぜなら僕もそう思うからです。

もはや何をしても何が正解で正しいのかわからない世界です。

 

でも正直何もしなくても存在しているだけでもいいのではないでしょうか。

なぜなら誰か相手がいないと僕たちは自分という存在がいることさえ認識できないからです。

この世界で自分がたった一人だったら自分の存在に気付くことすらできないですよね。

 

誰かがいるから自分を認識することができます。

自分自身をもっと成長しようと思えたりするわけです。

誰かに感謝されるからがんばれるしもっと何かしてあげようとも思えます。

誰かに嫌なことをされるから自分はそうしないように気を付けようとしたり、反骨精神でがんばろうと思えたりします。

 

くり返しますが、この世界に意味なんてないし本当に正しいことがなんなのかはわかりません。

 

でもだからこそ僕は自分らしく生きていようと思います。

ありのままの自分でいるための努力をこれからも続けていこうと思います。

 

何もしなくてもいいとは言いましたが、僕は何もしないと自分らしくいられなくなってしまうタイプなので自分を成長させ続けていきます。

 

あなたはこれからどんな生き方をしてどんな自分でありたいですか?

誰になんと言われようと自分の思うままに生きてほしいと思います。

それが今のちっぽけな自分を変えていくことに繋がるのではないでしょうか。