普通に生きているだけでなんだか疲れることが多くありませんか?

日本では空気を読むことが正しいという風潮があります。

たしかに和を重んじる精神は日本の良いところでもあり、時と場合によっては必要なことですよね。

 

例えば東日本大震災の時に救援物資を待つ日本人の姿が大きく取り上げられていました。

一人一人がしっかりと並んで列を乱さずに自分の番まで黙って待っていたことなどは諸外国からたいへん賛美されていました。

 

ただそういった良い例もある反面、日本の場合あまりにも空気を読むことに対して過敏になっていると思いませんか?

 

 

空気を読まない人に対する日本人の反応

 

空気を読むことを最も重んじている代表格として会社や学校が非常にわかりやすいと思います。

「KY(空気を読めないこと)」なんて言葉も当たり前に使われるようになりましたが、空気を読まずに和を乱すような行動を取る人がいればたちまちみんなからの批判を受ける的となってしまいます。

 

特に日本は空気を読まなければいけない雰囲気が非常に強いので心の中で何か思っていても口に出さずになんとなくやり過ごしてしまう人は非常に多いと思います。

何故そのようなことが当たり前になってしまったのでしょうか?

 

本当はもっと多くの人が自分の好きなように生きた方がいちいち人の目を気にする人も減るでしょうし、世の中全体が面白くなりますよね。

今の日本にある独特の閉鎖感を感じているのはなにも僕だけではないと思います。

 

僕たちはついなんでも不況のせいにしがちですが、「空気を読む」ということを重視しすぎて明らかに時代遅れの一途を辿っています。

時代はどんどん変わっているのに昔のままの価値観が絶対に正しいなんて思っていたら時代に乗り遅れるのは当たり前ですよね。

 

 

空気を読めという風潮

 

なぜ日本はここまで閉鎖的で空気を読むことが「正義」、空気を読まないことは「悪」といった極端な考えが常識とされているのでしょうか?

少なくとも僕はその理由の一つに自分の所属しているコミュニティが絶対だと思っているからだと考えています。

 

つまり生き方が一つしかないと思っているからです。

これには日本が島国で単一民族ということも大きく関わっていると思います。

 

本当は無理に空気を読んで自分が息苦しくなるような生き方などしなくても、ありのままのあなたに共感してくれる人が世界には大勢いるはずです。

そんなことないと思う人もいるかもしれませんが、そもそもすべての人と仲良くしたり、すべての人と考え方を一緒にしようなんて無理があると思いませんか?

 

無理に一括りにして人工的な常識をすべての人に強制させようとするから新しい意見も生まれづらいですし、普通にしているだけで生きづらいと感じる人が大勢いるのだと思います。

 

 

空気を読むことよりもあなたが本当にやらなければいけないこと

 

僕は空気を読む以上にもっと大事なことがあると思っています。

それは時には「本気で向き合う」ことが必要だということです。

空気を読むというのはある意味で簡単です。

 

なぜなら多数側に回っていれば自分は傷付かないで済むからです。

誰だって平穏に生きていたいと思うのが普通だと思います。

大概のことはどうでもいいことだと思うのでテキトーと言っては言葉が悪いですが話しを合わせておけばいい場面もあるでしょう。

 

でもそれだけで本当にいいのでしょうか?

あなたの意見や思いが譲れない場面があると思います。

 

それは友人や親についてかもしれません。

自分の人生についてかもしれません。

 

あなたが本気で考えていることや大切な人についてよく知りもしない人がその場だけのテキトーな発言をしてきたときは真っ向から立ち向かわなければなりません。

自分が周りに合わせてなんとなくテキトーに生きているなと感じている場合も同じです。

自分自身と本気で向き合って下さい。

 

例えばよく学校のいじめについて先生が見て見ぬフリをしている報道がされていますが、こういった場面も明らかに本気で向き合わなければならない場面ですよね。

相手の親がどうだとか、子供がどうだとか、自分の保身がどうだとか理屈で考えている場合ではないはずです。

 

行動しないで黙っているばかりでは周りの思うツボです。

どう考えても自分の大切なことを捨ててまで空気を読む必要なんてありません

 

このように考えると「空気を読まなければいけない」という常識を作り上げてきたのは僕たち自身であることも忘れてはならないのかもしれません。

つい僕たちは「長いものには巻かれろ」精神で自分の心の声を無視して空気を読もうとしてしまいます。

 

そこには本来のあなたはいません。

言われてみると当たり前のことのように感じると思いますが何故かそこに気付けないのが僕たち人間なのかもしれません。

 

あなたが自分自身を大切にするのなら、自分の大切な人を思う気持ちがあるのならば勇気を出して自分の気持ちを声に出したり行動で示さなければならない瞬間があると思います。

 

 

空気を読まない方がいい理由

 

さて僕たちはそんな空気を読んで周りと歩調を合わす生き方が最も良いと教育されてきました。

たしかに昔はそれで良かったかもしれませんが、これからはどうでしょうか?

僕も昔は世間体や周りの目ばかりを気にして生きてきました。

 

もしかしたらあなたもそんな一人かもしれません。

もしそうだとするならば、これまで空気を読むことを美徳とするような生き方をすることで得られるものは何かあったでしょうか?

僕自身はそんな自分に後悔しているからこそ今の自分があります。

 

これまでの歴史上最も個人が自由に活躍する時代と言われる中で周りの空気を読んで生きていくことはあなたの個性を潰すことになりかねません。

ましてや小さな国のそのまた小さなコミュニティが絶対だなんてあまりにも視野が狭すぎると思いませんか?

誰しも1度ぐらいは周りに合わせるなんておかしいと違和感を覚えたことはあると思います。

 

でもなんとなく周りに流されなんとなく月日が経つうちにそんなことを考えなくなる人がほとんどです。

誰かが作ったわけでもない常識に縛られて多くの人はそれを当たり前と言います。

 

客観的に物事を判断し、ただ起こった事実を述べるはずのメディアの報道でさえ、常識というフィルターを通して論じられていることがほとんどです。

昼のワイドショーなんて良い例ですよね。

自分達の中にある常識が絶対正しいと言わんばかりにみんなでおもしろおかしく論じたり、時には怒りだして報じています。

 

普通に考えて絶対なんて言葉はほとんどの場合成立しませんよね?

でも僕たちはそんな「絶対に空気をよまなければいけない世界」に何十年も住んでいたわけです。

 

あなたが今何か違和感を感じているのならその自分の感覚は大切にして欲しいと思います。

人と違うことを恐れる必要はありません。

僕たちは一人一人違うわけですから考え方も違って当たり前なんです。

 

一人一人個性があるから色々な考え方が生まれるわけですし、議論することも出来るのだと思います。

もしこれまで空気を読むことばかり気にしすぎてどこか生きづらさのようなものを感じているのならこれからはもっと自分らしく生きると決めて毎日を過ごしてみて欲しいと思います。

 

今いるコミュニティが嫌ならそこから抜け出したっていいんです。

あなたには本当のあなたのことを必要とする人が他にいますし、本当のあなたが輝ける場所が必ずあります。

そしてそこはまちがいなく自分らしく生きることができる場所であると思います。

 

是非そんな場所を、そんな生き方を考えてみて下さい。

あなたはこれからどんな風に生きていきたいと思っていますか?

たぶん僕たちには一人一人それぞれの役割みたいなものがあります。

 

僕たちはただそれに気付いていないだけです。

僕にしかできないこと、あなたにしか伝えられないことがあります。

なぜなら誰一人として同じ人生を歩んだ同じ人はいないからです。

 

空気を読むことであなたの大切なことが失われるなんてそれこそ絶対にあってはならないはずです。

 

僕たちはいつだって自由であることを忘れないで下さい。

自分の心の声に従って歩むことがその第一歩になるのではないでしょうか。

 

そして出来ればあなただけのストーリーを何かを通して誰かに伝えていってほしいと僕は思います。