お金持ちやお金儲けは悪と言いながらお金が欲しいという矛盾

 

お金持ちやお金儲けが悪と捉える人は多いですよね。

もしあなたがなんとなくでもお金は汚い物だと思っているとしたらそれは非常にもったいないことです。

 

もし本当にお金が汚く卑しいもので、お金持ちやお金儲けが悪だとするならこの世の中は非人道的な悪人だらけの世界になってしまうことになります。

当然ですがそんなことはありませんよね?

 

誰だって普通にお金を必要としますし、日々の生活の中でお金を使います。

というよりお金がなければ今の資本主義社会の中で生きていくことはできませんね。

もちろん生活必需品だけを買うわけではないですし、欲しい物だってお金に余裕があれば買うこともあるはずです。

 

むしろ生活に必要な最低限のもの以外によって僕たちの人生は彩られていると言っても過言ではないと思います。

お金儲けが悪と言うのであれば、そういった僕たちに何かしらの物やサービスを提供してくれている人やお店、企業が「悪」ということになってしまいます。

 

僕たちの生活を豊かにしてくれる物やサービスに対して「悪」だと感じている人はほとんどいないと思います。

むしろ誰だってお金はできるだけ多くあった方がいいと思うのが普通ですよね。

それにもかかわらず何故多くの人がお金儲けを悪と捉えてしまっているのでしょうか?

 

 

お金儲けが悪と思われている理由

 

誰だってお金は多い方がいいと思っているにもかかわらず、多くの人がお金儲けを悪としている理由はなんでしょうか?

その背景にはお金を稼ぐには悪いこともしなくてはいけないというイメージがあるのだと思います。

 

つまりお金を稼ぐ上で忘れてはならない「誠実さ」が欠けている場合のことですね。

 

例えばコネ、賄賂、癒着、媚びなどといったものがわかりやすいと思います。

正直なところ何か強い信念や目的があってそのようなことを行っているのなら時には仕方のないこともあると個人的には思います。

 

ただ、そのようなことは自分の私利私欲のためだけにお金儲けをしているように見えることが多いですよね。

多く人の目にはお金を稼いでいる人たちに対して価値提供を第一として考えているのではなく、お金儲けだけが先行しているように見えてしまうのです。

政治の汚職などがメディアで報道されていて「やっぱりそうなんだ」と誰もが思ったことはあるはずです。(=お金持ちは汚いというイメージ)

ネットの中なども多いですが「クリックするだけで毎月100万円稼げます!」などという広告や勧誘は未だに多いですが明らかに詐欺ですよね。

お金だけが稼げればいいと考える人たちはお金を稼いでいない人を「価値が無い」などと言って見下すような発言をすることもあります。

 

それでは多くの人が嫌な気持ちになり、お金儲けは悪だと偏見を持ってしまうのは当たり前かもしれません。

 

 

 

お金を消費する側の問題点

 

人によってはお金を儲けることで戦争が起きていたり、環境破壊が起きているという人もいると思います。

 

例えば密漁などはわかりやすい例かと思います。

たしかにお金儲けという視点だけで見れば密漁は「悪」と捉えることはできるかもしれません。

 

でもよく考えてみて下さい。

 

こういった例で見過ごされるのは消費者側についてです。

密漁もそれを必要とする買う側がいるから、つまり儲かるからやる人がいるのです。

 

自分はそんなもの買わないよと思うかもしれませんが本当にそうでしょうか?

これは僕たちが消費者側でいる場合でも注意しなければいけないことを意味します。

 

あなたは何かを買う時に「ただ安いから、有名だから、みんなが使っているから」という理由で買い物をしていませんか?

 

お金を使うときにお金を払う物に関しての背景まで考える人は稀かもしれません。

でも安い物の裏側にはその安い物を作るシステムがあるはずです。

 

例えば安い物ができる背景にはブラック企業のような働き方(劣悪な労働環境、低賃金、長時間労働、環境破壊など)をさせられている人達がいる可能性が高いことが予想できるわけです。

 

例としてファストファッションの問題などはよく取り上げられていたりしますよね。

僕たちが日々選択するすべての物にはその背景があります。

そんなこと言われても高い物をなんて買う余裕ないよという人もいるかもしれません。

 

僕も昔はそう思っていました。

というよりそこまで考えていませんでした。

ただ日々をなんとなく過ごし、手元にあるお金の中でなんとなくやり過ごしていました。

 

でもよく考えるとお金は何かの価値と交換するツールなわけです。

 

僕たちがお金を払ったものには感謝や応援の気持ちが含まれているはずです。

感謝や応援の気持ちをなんとなく垂れ流すなんて普通はしませんよね?

僕たちが「ありがとう」と言う気持ちがあるからお礼や感謝の気持ちを伝えるのと同じです。

 

そして社会人になって感じたことは雇われている多くの人が大体同じぐらいの生活水準で同じような選択肢しかできないような給料しか貰えないという事実です。

 

そう考えていくと上手く出来たシステムだなと思いました。

僕たちは自分でお金を稼ぐスキルが無いとお金を使うものに対しての選択権はあったとしても実際は選択肢が決まっている(買えない)システムの中にいるのです。

つまりモノの背景がどんなものだったとしても安いモノしか買えない(感謝や応援ができない)ということです。

 

オーガニック食品なんてわかりやすいのではないでしょうか?

「オーガニック食品を子供に食べさせたいけど高いからあまり買えない」

親は子供にできるだけ安全で体に良い物を食べさせて元気に育って欲しいからオーガニック食品を買いたいと思っているはずです。

 

もしかしたらアトピーや何かの病気で添加物の多い食品は食べさせないようにしたいのかもしれません。

でもほとんどの人が毎月の収入が少なくて生活が厳しいのが普通だと思います。

そうなると結局子供にも安くて添加物の多い大量生産されたものしか食べさせてあげることができないわけですね。

 

 

お金を稼ぐべき理由

 

僕は大企業が悪だとかオーガニック食品が正義だとか言いたいわけではありません。

 

自分でお金を稼ぐスキルがないというだけで、自分で考えて自分で自由な選択をすることができない状況に多くの人があると言いたいのです。

 

現代社会は格差もどんどん顕著になってきました。

雇われるという選択は毎月決まった金額を貰えるという安定さはあるかもしれません。

でも同時に、人生において自分の選択できる自由が限りなく少なくなる可能性も非常に高くなります。

 

ましてや昨今ではいつリストラや倒産があるかはわかりませんので一昔前までの安定という言葉は既に当てはまらないと言えるかもしれません。

少なくとも自分でお金を稼ぐスキル身に付けることは、現代のような不安定な時代においてなおさら必須のスキルと言えるのではないでしょうか?

 

くり返しますが誠意ある活動を通じて得たお金は決して悪ではありません。

 

あなたが世の中に価値を与えることで誰かが助かったり感謝されることになります。

あなたがお金を稼ぎ人生における選択の自由を増やすことは、あなたの考える「応援や感謝をしたい」と思える価値を選択できることになります。

 

それは結果的に世の中が本当に豊かになっていくことに直結すると思いませんか?

 

もしあなたがこれまで「お金儲けが悪」と思い込んで自分から行動に移せていなかったとしたらそんなことはありませんので堂々とお金を稼ぐべきだと僕は思います。

 

PS.

僕たち人間は矛盾した生き物ですし、矛盾した世界に生きています。

それはお金儲けが悪と言いながら、そういったことを言うほとんどの人たちがもっとお金が欲しいと思っていることからもわかりますよね。

しかもそのほとんどの人たちが「楽をして!簡単に!確実に!」お金を手に入れたいと思っています。

宝くじの発売日に行列ができることなんて最もいい例ではないでしょうか?

それにもかかわらず楽をして(楽をしたように見える)お金稼いでいる人に悪と言ったり嫉妬したりしてしまうようです。

何が正しいかなんて一概には言えませんし、正解なんてないのかもしれません。

だからこそ自分の信念を持って自分で考えて間違ってもいいから行動することが最も重要なことなのではないでしょうか?

僕も考えることをやめずに迷い続けて出た答えを一歩ずつ形にしていければと思っています。

 

PPS.

「間違ってもいいから行動する」というところがポイントです。