就職することが不安でたまらない
将来がどうなるか先が全く見えない
就職活動を続けても就職先が決まらない

 

あなたはこれから就職をしようとしている、あるいは転職しようとしているのかもしれません。

今は多くの人が転職することは当たり前の時代になりましたよね。

 

「とりあえずは3年」という言葉からわかるように既に終身雇用は崩壊していると誰もが心の中では気付いているのかもしれません。

 

先日、以前僕が働いていた会社で入社3ヶ月で辞めてしまった人にバッタリと会いました。

 

その方は40ですが、会社を辞めた後に1年間で3社も辞めて今のところに落ち着いたと話していました(笑)

その方はさらに続けて今落ち着いている会社でも将来的にはどうなるかはわからないと言っていました。

 

よく若者が仕事をすぐ辞めてしまうと言った話題が出されることは多いですが、就職や将来に不安を抱えているのは決して若者だけはないと思います。

 

●就職の不安は当たり前

 

よくメディアは過労死やブラック企業の問題について報道しています。

 

実際に僕は多くの会社を転々としてきましたが、メディアが報じているような厳しい現実は当たり前のようにありました。

報道されているような状況よりもひどい職場などいくらでもあるでしょう。

 

ホワイト企業と呼ばれる会社もまだまだ存在していますが、そんな会社ばかりではもちろんありません。

当然ですがホワイト企業に誰もが入れるわけではありませんよね。

自分の希望とした就職先に行けず、結局不本意な就職先で働く人の方がむしろ多いのではないでしょうか?

 

就職しても思っていたのと全くイメージが違うことや人間関係に悩まされることも少なくありません。

会社は仲の良い友人の集まりではありませんし、組織として利益を上げることが最優先とされます。

 

あなたは心の底ではこういったことがわかっているからこそ不安を感じているのではないでしょうか?

多くの人が就職に対して不安になるのはむしろ当たり前なのかもしれません。

 

●先の見えない時代を生きなければならない

 

僕たちはかつてないほど日々多くの情報に触れて、かつてないほど早いスピードで進む時代に生きています。

ほんの数年前はAIや仮想通貨の話しなどほとんどなかったにも関わらず、今では当たり前のようにどこでもその情報に触れるようになりました。

 

今は中学生や高校生でも誰もが一人台スマホを持っていますが、僕が中学生の時はまだピッチ(PHS)という携帯の簡易版のようなものを一部の人が持っていただけでした。

当時ピッチは画面も白黒で、今のように何時間もインターネットに繋ぐことは金銭的に無理だったことを覚えています。

 

そんな時代に比べ現代は赤ちゃんが感覚でiPhoneを使いこなしてアプリゲームをやっていたりしますよね。

見渡してみるといつの間にか当たり前になった革新的なことが僕たちの身の回りにいくらでもあることに気付くと思います。

 

就職に関しても僕が中学生、高校生ぐらいの時にはまだ今のように転職が当たり前などとは言われていませんでした。

当時から既に不況と言われてはいましたから、そんな時代がもはや僕たちの世代では当たり前です。

 

それでも当時はまだ僕も就職することが当たり前、一つの会社で長く働き終身雇用が当たり前だと思っていました。

これから先の時代がどうなっていくかは見えない部分も多々ありますが、常にアンテナを高く張っていることで将来どうやって生きていけばいいのかを考えることはできるのではないでしょうか。

 

僕は田舎育ちですが、田舎に住んでいる人達の古い価値観だけを鵜呑みにして生きているとあっという間に時代に取り残されてしまうことを強く感じます。

それであなたの人生が楽しいのならいいですが、「このままでは何かまずい」と直感的に感じているからこそ今不安を抱えているのだと思います。

 

●生き方は一つじゃない

あなたが今時代の変化に気付いているこそ、周りの意見や世間の常識でいう「就職」という選択に不安を抱えているのではないでしょうか。

 

終身雇用は崩壊している中で給料も上がらないのではお金の不安はつきません。

オーバーワークや人手不足による過労死、多くの人が個性を尊重する時代に人間関係に悩んで鬱になる人も増えました。

 

これからはもう個人の時代と言われているように、一つの会社に依存して生きていくだけでは時代に合っていないと僕は考えています。

僕の周りでもアフィリエイトや投資に興味を持ってコツコツと取り組んでいる友人がいます。

あなたも実際にネットを通じて副業やフリーランスとして生きる人は年々増えているのはご存じかと思います。

 

少なくとも今就職で不安を抱えているのなら、会社員以外の生き方や会社からの給料以外の収入源について学んでおくことは決してマイナスにはならないのかもしれません。

僕たちは学校で人生の選択肢は就職だけだと教わりますが決してそんなことはありません。

 

将来のまだ起きていないことに不安を抱えるよりももっとあなたらしく生きるにはどうしたらいいのかを考えた方が不安が少しは解消されると思いませんか?

人生をやりたいことで埋め尽くす方法は既に多くの人が実践してやり方も確立されています。

 

就職してもしなくてもどちらが正解ということではありませんが、これからの時代は自分で生き方を選択できる人が生き残ると僕は思っています。